宮崎あおい&瑛太 篤姫 コンビ12年ぶり共演 子育て談義に花咲かす|山口達也もそうだった!? ジャニーズ“隠れ歌うま”メンズたち

宮崎あおい&瑛太「篤姫」コンビ12年ぶり共演 子育て談義に花咲かす

2020/01/04 11:30
 2020年1月5日放送の新春ドラマ特別企画「あしたの家族」(TBS系)で宮崎あおい(34)と永山瑛太(37、今年から本名に改名)の「篤姫」(2008年、NHK大河ドラマ)コンビが共演する。大河ドラマでは篤姫と小松帯刀の今生の別れのシーンが話題になったが、今回は恋人役だという。
【写真】家ではビキニパンツ一丁の瑛太
「渡る世間は鬼ばかり」の石井ふく子さんがプロデューサーを務め、宮崎の母親役には松坂慶子、父親役を松重豊という豪華な顔ぶれで、二世帯住宅で暮らす家族の物語を描く。
「撮影は10月に行われましたが、宮崎さんと瑛太さん、松坂さんは『篤姫』以来の12年ぶりの共演でしたが、さすがにあうんの呼吸で楽しそうに演じていました。特に宮崎さんと瑛太さんは子育ての話題で盛り上がっていましたね」(テレビ局関係者)
 宮崎は18年秋に長男を出産し、瑛太は小学生の長男、幼稚園に通う長女の2人の子どもたちがいる。
「瑛太さんは妻の木村カエラと家事も育児も協力しあうイクメンとしても有名です。宮崎さんのところはまだ1歳ですが、育児のことなどいろいろと話題が尽きないようで、2人とも話に夢中でした」(同前・テレビ局関係者)
 さらに、今では「同じ区内に豪邸を構える」(スポーツ紙記者)ママ友・パパ友だという。
「瑛太のところは公立小学校に通わせてい……

山口達也もそうだった!? ジャニーズ“隠れ歌うま”メンズたち

2020/01/04 08:05
封印されてしまった〝山口達也ボーカル〟の名曲
2014年デビューの『ジャニーズWEST』は、『King&Prince』に並んで最も歌がうまいメンバーの多いグループだろう。圧倒的な声量を誇る桐山照史に、地声からは想像できない高い裏声を出せる濵田崇裕。神山智洋、小瀧望もハイトーンなビブラートを得意としており、クセのない優しい歌い方をする中間淳太と、平均レベルでは全グループ中でも1、2を争う歌唱力を持っていると言っていい。しかし、こちらもまだ知名度が全国区とは言えず、せっかくの実力も影に隠れたもったいない状況になっている。
「2018年に『TOKIO』を脱退した山口達也も、かつては〝実は歌がうまい〟の代表的な存在でした。山口は長瀬よりきれいな上、伸びるような歌声をしていて、実は『TOKIO』イチ歌がうまかったんですが、バンド形式のためボーカルの長瀬が歌うことがほとんど。それでも実力がある分ソロパートが多く、〝長瀬以外で唯一ソロパートがあるのは山口〟というシングル曲も少なくありませんでした。カップリングでは山口をメインボーカルにした曲も多いほどで、グループ2番目のヒット作『宙船』のカップリング『リプライ』もその1つ。大人の恋愛と別れを歌った、はかなくも素晴らしい楽曲だったのですが、あの事件のせいでもう一生聞けなくなったのが残念でなりません…」(ジャニーズライ……