大ヒット 映画 すみっコぐらし 高知でも上映スタート 心じわり温まる

大ヒット『映画 すみっコぐらし』高知でも上映スタート 心じわり温まる

2019/12/09 11:22
すみっコぐらしは、リラックマなどで知られるサンエックス(東京都)が2012年に発売したキャラクター。映画化は本作が初めて。
ころりとしたフォルムが愛らしいキャラクターたちだが、実はそれぞれにコンプレックスや悩みを抱え生きている。「すみっこ」にいると落ち着くという姿に共感する大人も多い。メインストリームから外れたところに生きる人も肯定するような、やさしく味わい深い世界観が「刺さる」と、世代を超えてファンが広がっている。
映画は、絵本の世界に迷い込んだすみっこたちが新キャラクター「ひよこ」と冒険に出るがその結末は…というストーリー。実際に記者(28)も鑑賞してみた。柔らかい画のタッチと優しいナレーションで、まるで絵本の読み聞かせのよう。劇場内は、笑い声や「かわいいね」と喜ぶ子どものささやきも聞こえ、心がほわーんと温まった。
「すみっこ、いいなぁ、かわいいなぁ」とほくほく鑑賞していたが、ラストの展開にはホロリと涙を流してしまった。「えっ、そんな…ひよこぉぉぉぉ」
子ども向け映画と捉えていた自分を恥じた。これは大人にこそ見てほしい映画。仕事帰りや、なんだかちょっと疲れた時…すみっこたちのやさしい世界をぜひ感じてほしい。
■『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』