Hey! Say! JUMP・山田涼介主演 美しきセ…|V6森田剛 闇に落ちていく 舞台 FORTUNE で…|森田剛 現代版 ファウスト 主演 舞台 FORTUN…|他

Hey! Say! JUMP・山田涼介主演、美しきセミの王子様と30代さえない女子の7日間だけのキセキのラブストーリ…

2019/09/17 10:00
タワレコ特典あり:先着:内容未定
※特典満了次第終了とさせていただきます。
▼特典がご不要なお客様は下記手順に従って設定してください。
[1]ご注文時
1.ショッピングカート内で「商品に特典が付く場合特典を希望します」を解除
2.注文確認画面にて選択内容を確認の上購入確定
[2]ご注文後
ご注文後商品未出荷の期間マイページにてご注文時の特典設定の選択が変更可能
※詳細はこちらをご覧ください。
【ストーリー】
都心からはちょっと離れた郊外にあるアパート『うつせみ荘』に続く庭の地中、1匹のセミ(山田涼介)が羽化のときを待っていた。数年間を土の中で過ごし、いよいよ最期の7日間を生きるため、地上へと上がる瞬間を待ちわびるセミ。そんなセミにはあるひとつの楽しみがあった。それは、地中にいる間ずっと気になっていた『うつせみ荘』の住人たちの姿をその目で見ること。「声だけを聞いてきたあの人たちは、いったいどんな人たちなんだろう」――。そしてついに迎えた羽化の瞬間。地上へとはい出たセミの頭上から、ひとりの女性が落下してくる!「ようやく地上に出られたのに飛べないまま終わるのか…」と死を覚悟した瞬間、女性は鮮やかにセミを避け、ちょっと離れた地面に落下。セミは九死に一生を得るのだった。その女性とは、『うつせみ荘』に住む女性……

V6森田剛、闇に落ちていく 舞台「FORTUNE」で主演

2019/09/17 08:49
V6森田剛、闇に落ちていく 舞台「FORTUNE」で主演  中日スポーツ「夜中に~」のサイモン・スティーヴンス世界初演作に森田剛・吉岡里帆(コメントあり)  ナタリーV6森田剛が悪魔と契約!英国劇作家とタッグ、ヒロイン役に吉岡里帆  サンケイスポーツ森田剛が舞台フォーチュンで主演「作品に向き合う」  日刊スポーツ森田剛、吉岡里帆が世界初上演舞台『FORTUNE(フォーチュン)』に出演決定 ゲーテの『ファウスト』を現代のロンドンに置き換えた意欲作  http://spice.eplus.jp/Google ニュースですべての記事を表示

森田剛 現代版「ファウスト」主演 舞台「FORTUNE」相手役に吉岡里帆

2019/09/17 06:01
 V6・森田剛(40)が来年1月に舞台「FORTUNE(フォーチュン)」(東京芸術劇場プレイハウスほか)で主演することが16日、分かった。
 英国の劇作家サイモン・スティーヴンス氏が、文豪ゲーテの代表作「ファウスト」を、現代のロンドンを舞台に置き換えた意欲作。世界初上演となり、森田は、自らの欲望を叶えるために悪魔と契約し、闇へと落ちていく映画監督・フォーチュンを演じる。
 森田にとって、スティーヴンス氏の戯曲を演じるのは、舞台「夜中に犬に起こった奇妙な事件」(2014年)以来2度目。「サイモンの戯曲は精神的に強く揺さぶられるので、前回とても苦しんだことも思い出し、そこにまた飛び込むことにも勇気がいりました。ただ同時に、幕が開いた瞬間になぜかすべて報われた感覚も経験したので、今はそれをもう一度味わってみたいという気持ちが強くなっています」と意気込んだ。
 フォーチュンが思いを寄せる人妻・マギー役には女優・吉岡里帆(26)。他に共演は、田畑智子(38)、鶴見辰吾(54)ら。

V6森田剛&吉岡里帆 ゲーテ「ファウスト」アレンジ作で舞台初共演

2019/09/17 06:00
V6森田剛(40)と女優の吉岡里帆(26)が、来年1月上演の舞台「FORTUNE」(東京芸術劇場、1月14日開幕)で初共演する。 独作家ゲーテの代表作「ファウスト」の舞台を ...

V6森田剛“サイモン戯曲”再挑戦…「FORTUNE」主演、ヒロインに吉岡里帆

2019/09/17 05:00
 V6の森田剛(40)が、英劇作家サイモン・スティーヴンス氏の新作で英国に先駆けて世界初上演となる舞台「FORTUNE(フォーチュン)」(来年1月14日開幕、東京芸術劇場プレイハウスなど)に主演することが16日、発表された。恋人や財産、名誉と望むもの全てを手に入れるために悪魔と契約を結び、闇へと堕(お)ちていく映画監督を演じる。
 森田は、2014年に同氏の代表作の舞台「夜中に犬に起こった奇妙な事件」に主演し、アスペルガー症候群の15歳の少年を見事に演じきった。「サイモンの戯曲は精神的に強く揺さぶられる。前回とても苦しんだことも思い出し、そこにまた飛び込むことに勇気が要りました。同時に、幕が開いた瞬間、なぜかすべて報われた感覚も経験した。今はそれをもう一度、味わってみたいという気持ち」と意気込んだ。
 主人公が思いを寄せるヒロインは吉岡里帆(26)が演じる。吉岡は「大きな舞台への出演は初めて。知らないことが多く、スポンジ状態の今だからこそ、作品づくりを通じて新しい価値観を受けられる。とても幸運ですし、役者冥利に尽きます」と上演を心待ちにした。