岡田准一主演 ザ・ファブル 邦画首位で好調スタート…|三宅健 伝説のヤンキー役決定でファンが最も期待する”…|井ノ原快彦 特捜9 が最終回……東山紀之 刑…|他

岡田准一主演『ザ・ファブル』、邦画首位で好調スタートも原作ファンからは酷評だらけのワケ

2019/06/27 21:04
 最強の“アキラ兄さん”じゃない⁉
 6月21日に公開となったV6岡田准一主演の映画『ザ・ファブル』が、初週末2日間で観客動員22万8,525人、興行収入3億1,010万円を記録。大ヒット中の『アラジン』には及ばなかったものの全体で2位、邦画としては首位デビューを果たした。
原作は『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載中の南勝久の人気漫画。圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋ファブル(岡田)が、ボスから「1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」という指令を与えられ、一般人として暮らし始めるというストーリー。
「最終興収30億円を見込める好スタートとなりました。劇場には、30~40代をボリュームゾーンに、10~40代まで幅広い層が来場。男女比は半々。カップルが一番多く、デートムービーになっているようです」(映画ライター)
 レビューではアクションシーンや出演者らの演技力を絶賛する声も多いが、原作ファンからは酷評コメントも飛び交うなど評価は真っ二つ。
「映画用に作ったストーリーや設定に不満が集中しています。原作のアキラはこれまで殺した数は70人ほどですが、けっしてシリアルキラーではない。ところが、映画では序盤で銃を乱射し約20人を手当たりしだい皆殺しにしています。とりわ……

三宅健、伝説のヤンキー役決定でファンが最も期待する"あの人"との絡みとは? #セミオトコ が話題

2019/06/27 19:10
「面白すぎw」"伝説のヤンキー"解禁🎉!!#V6 #三宅健 さんが『セミオトコ』にご出演‼️👏🏻
お写真見ました…?!
ご覧ください、こちら!どどん😳!!
いったい #伝説のヤンキー とは⁉️
またまた楽しみが🙌🏻!!#セミオトコ#伝説のヤンキー#由香のお兄さんなんです#奇跡の39歳#もうすぐ40歳…やっぱり奇跡✨ pic.twitter.com/HoiF7qdpow
— 【公式】金曜ナイトドラマ『セミオトコ』7月スタート (@semio_tvasahi) June 26, 2019
今回三宅さんが演じるのは、山田さんと恋に落ちるアラサー女子(木南晴夏さん)の兄で、伝説(になるほどバカ)のヤンキー役。
その見た目は、リーゼントにダサめの柄シャツを合わせた、"ひと昔前のヤンキー"スタイル。今時なかなか見かけない、絵に描いたような"ヤンキー"ルックに、ネットではファンから、「健くん面白すぎる!」「健くん何か可愛いw」「"伝説のヤンキー"、パワーワード過ぎるww」「こんなにダサいのに、何でダサく見えないんだろ」「もうすぐ40歳なのに何でこんなに可愛いの?」などの声があがり、好評のようです。
また、情報解禁前日の夜に放送された生放送の音楽特番「テレ東音楽祭」では、三宅さんの髪が長めだった事から、「リーゼントのためなの?」「……

井ノ原快彦「特捜9」が最終回......東山紀之「刑事7人」へのバトンタッチにファン歓喜

2019/06/27 17:30
「刑事7人」(2018)が全話無料配信>>
寺尾聰が卒業、感動の「特捜9」最終話>>
井ノ原快彦が主演を務める「特捜9」は、渡瀬恒彦主演の「警視庁捜査一課9係」を受け継ぐ形で始まった超人気シリーズで、4月より第2シーズンが放送されていた。一方の「刑事7人」は、2015年に放送を開始し、7月より第5シーズンが放送開始する。
東山紀之と井ノ原快彦は、ジャニーズ事務所の先輩後輩で、どちらも同じ刑事ドラマでの主演。井ノ原から東山への人気ドラマ枠でのバトンタッチに、ネット上では「胸熱すぎる継投!」「特捜ロスだけど「刑事7人」が楽しみ」「水9の刑事ドラマ最高」「これ以上ないバトンタッチだわ」と歓喜の声が上がっている。
「刑事7人」は、天樹悠(東山紀之)、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、堂本俊太郎(北大路欣也)という個性派ぞろいの刑事たち7人が、凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ。
「刑事7人」(2018)が全話無料配信>>
寺尾聰が卒業、感動の「特捜9」最終話>>
(文/沢野奈津夫@HEW)

「特捜9」最終回で寺尾聰班長が卒業「コイツ、井ノ原快彦は最高です」

2019/06/27 16:45
「特捜9」ラストシーンの寺尾聰に号泣>>
「特捜9 season2」は、V6井ノ原快彦が主演を務める刑事ドラマ。最終話では、2人の弁護士が殺される事件が発生。現場にはそれぞれ、ダイイングメッセージと見られる「J・P」「J」という血文字が残されていた。捜査の中で意外な事実が発覚して、浅輪直樹(井ノ原快彦)は圧力をかけられ、降格の危機に陥ってしまう。正義を貫く直樹の姿を見た宗方は、ある決意を固める。
渡瀬恒彦が主演を務める「警視庁捜査一課9係」を受け継ぐ形で、2018年から始まった「特捜9」シリーズ。特捜班班長という重要な役割を担った寺尾は、今話をもって卒業となった。番組公式サイトで寺尾は、「コイツ、井ノ原快彦は最高です! 僕はいなくなるんですけど、これからも井ノ原快彦を支えてあげてください。よろしくお願いします!」と次シーズンに向けてエールを送っていた。
井ノ原は、「3年目からがスタートだと思っているので、来年もできたらいいなと思います。班長は今回でいなくなってしまいますが、寺尾さんから『渡瀬さんから受け継いだものを大事にしてください』とおっしゃっていただきました」と意気込みを語っている。
寺尾の卒業にネット上では、「寺尾さん最高でした!」「いなくなるの寂しい......」「井ノ原さんとのコンビ大好きだった」「本当に役に合った素敵な方」「……