V6・三宅健 鶴瓶の家族に乾杯 スタッフが トラブルになる とNG出したロケ…|V6三宅健 井ノ原の“二面性”を明かす 収録終わったとたんに…

V6三宅健、『鶴瓶の家族に乾杯』スタッフが「トラブルになる」とNG出したロケ地明かす

2019/06/06 13:41
 V6三宅健がパーソナリティを務める『三宅健のラヂオ』(bayfm)。6月3日深夜の放送では、同日に三宅が出演した『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)のウラ話が語られた。
 リスナーから「『鶴瓶の家族に乾杯』でどんな出会いがありましたか?」という質問が届くと、三宅は「10年以上前から、この『家族に乾杯』に出たいという話をよく(笑福亭)鶴瓶さんにはしていた」と、念願叶っての出演だったと声を弾ませた。
 三宅はまず、ロケの行き先を決めるために、番組スタッフと打ち合わせがあったと明かす。「最初は鶴瓶さんの地元で、鶴瓶さんが本当に“いい人”かどうかを聞いて回るっていうのをやったら面白いかなって、冗談で言ったりしてたんだけど。『本当にアポなしでやっていくんで、トラブルになると大変ですよ』みたいな感じで、(スタッフから)オススメされなかったんだよね」と、三宅の提案が却下された経緯を説明。
 そこで三宅は、自宅に飾ってある木製の“神棚”を作っているメーカーが富山県にあると知り、その制作現場を見るため、富山県南砺市井波に行きたいと申し出たのだそう。ほかにも、三宅の気になるスポットがたくさんあるらしく、「5年くらい好き」だという“真鍮”を使った家具や小物を製作するブランドも、富山県にあるそう。今回のロケで行くことはできなかったため、「そっちも見てみたかったね」と思い……

V6三宅健、井ノ原の“二面性”を明かす「収録終わったとたんに…」

2019/06/06 12:00
6月6日、フジテレビ系『めざましテレビ』にV6のメンバーが出演した。

番組のインタビューで三宅健はメンバーを、“静”と“動”に分類。静は岡田准一長野博坂本昌行で、動は井ノ原快彦森田剛、そして三宅自身だと発言した。
三宅が井ノ原について「うるさいじゃん」と言うと井ノ原も「(三宅も)うるさい」とコメント。また、三宅は森田にも「時々うるさい」と指摘し周囲の笑いを誘った。
続けて三宅は「でもね、(井ノ原は)こんだけ今騒いでうるさいけど」として「(今は)カメラ回ってるじゃないですか」「収録終わったとたんに“静”になります」と静かになる様子を再現。これに森田も「二面性だから」と言うと井ノ原は「ヤバイやつじゃないか」と笑い声をあげた。