井ノ原快彦主演 特捜9 第11話視聴率は世帯12・5…|V6岡田准一 多額の借金 三宅健のパンツ盗んだ 過…|岡田准一 “弟子兼友達”平手友梨奈の葛藤に共感 クオ…|他

井ノ原快彦主演「特捜9」第11話視聴率は世帯12・5%、個人6・9%好調キープ : エンタメ報知 : エンタメ・文化…

2021/06/17 09:53
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

V6岡田准一「多額の借金」「三宅健のパンツ盗んだ」過去を告白「お金がない」

2021/06/17 09:00
 林は岡田のことを「“目力”と“体幹”の人」「体幹がブレないっていうところが、結局生き方がブレないところにもつながってる」と絶賛、岡田は「そういうのは大事にしてます」「どう生きるのかっていうのは」とうなずいた。
 V6が、初期メンバー6人のまま変わらずに26年間トップアイドルとして活動してきたことに林が触れると、岡田は「僕ら世代では、ちょっとなんだろう。全員いないとグループではないよなっていう感覚がある世代」「1人でも欠けたら、例えばV6はV6じゃないみたいな感覚がすごく強くて」と語り、「1人でも辞めたらみんな辞めることを選ぶのが、僕らのグループだった」と続けた。
 V6は今年3月、CDデビュー26周年を迎える11月1日に解散することを発表。ジャニーズ事務所は「これは6人がV6メンバーであることを誇りに思い、一人の人間として、これからの人生に対して前向きに決断した結果」だと説明。
 森田剛(42)から「ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という申し出があり、メンバー全員で話し合った結果の解散だという。グループ解散後、森田は事務所を退所し、他のメンバーは事務所に残り、それぞれソロでの活動を続けていく。
 岡田は林に、実は14歳のデビュー当時から「ずっと辞めることを考えてた」と告白。普通、ジャニーズはJr.としてレッスン……

岡田准一、“弟子兼友達”平手友梨奈の葛藤に共感「クオリティが高いものを作れないと満足できない」:紀伊民報AGARA

2021/06/17 08:00
 俳優の岡田准一(40)が主演する映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日に公開される。2019年6月公開の前作から約2年を経て、“殺さない殺し屋”のファブルが帰ってくる。強じんな肉体と何事にも動じない天才的殺し屋を再び演じる岡田が、よりパワーアップしたアクションシーンへの手応えのほか、「『ファブル』は敵役が重要」という岡田が、今作で対峙する最狂の男・宇津帆を演じる堤真一、そして宇津帆と行動をともにする車椅子の少女・ヒナコ役の平手友梨奈との共演についても語ってくれた。
【写真】スタッフと真剣な表情で話し合う岡田准一
 今作は“今一番面白いマンガ”と称され、累計800万部を記録する同名のコミックを実写化。天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”は、ボスから「誰も殺すな。普通に暮らせ」と命じられ、佐藤アキラという偽名で相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のふりをして暮らしているがまたも騒動に巻き込まれることに…。
 今回の敵キャラも前作に続き強烈だ。表向きはNPO団体「子供たちを危険から守る」NPO団体の代表だが裏の顔をもち、前作の敵たちを上回る最狂の男としてファブルの前に立ちはだかる宇津帆(堤)が暗躍。すご腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と、4年前のある事件で恨みをもつ因縁の敵・ファブルへの復讐に燃える。一方、ファブルは過去の……

岡田准一、木村文乃のアクションはセクシーな“腿”に注目「美しく綺麗でカッコいい」

2021/06/17 07:00
ボス(佐藤浩市)から「1年間、誰も殺すな。一般人として普通に生きろ」と言われたファブルは佐藤アキラという偽名で、相棒のヨウコ(木村文乃)とともに一般人のフリをして暮らし始めた。そして今回、アキラは4年前のある事件で自分が救えなかった少女・ヒナコ(平手友梨奈)と偶然、再会を果たす。それがのちに大騒動へと発展するとも知らずに…。今回は自らアクション作りにも参加した岡田とヨウコを演じた木村に直撃。映画に対するアツい思いを聞いてきた。

――前作に続き、岡田さんが殺陣をつけられていると聞いております。殺陣を付けるにあたって意識していることはありますか?
岡田「今回、構成の段階から関わらせていただいています。殺陣自体はそんなに難しいことではないんです。役者がどういう負荷を受けるか、監督目線でどういう画が撮りたいか。特に西洋では殺陣師や役者が主導して殺陣を付けると、徒手で動いた画を撮ろうとする事が多いんですが、そのバランスをどういうふうに撮っていくか。そして、それに合わせた動きをどういうものにするかを深く考えました。あとはキャラクターに合わせ、例えばヨウコなら、どのように動くか。実践武術を踏まえた格闘技ではない動きで、ヨウコには男子がやられたいと思うような動きをつけさせてもらいました。世の男子たちはヨウコに腿で締められたいんじゃないかと思い、木村さんにも確……

岡田准一、14歳で高校の学費を借金「お金がなくてメンバーのパンツを盗んだ」(SmartFLASH)

2021/06/16 20:15
岡田准一、14歳で高校の学費を借金「お金がなくてメンバーのパンツを盗んだ」(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

舞台『陰陽師』三宅健が安倍晴明に、上演台本マキノノゾミ×演出鈴木裕美で22年2月東京・京都で上演

2021/06/16 18:20
舞台『陰陽師』が2022年2月から3月まで東京・新橋演舞場で、3月に京都・南座で上演される。主演は三宅健が務め、上演台本をマキノノゾミ、演出を鈴木裕美が担当する。
夢枕獏の人気小説『陰陽師』『陰陽師』は、映画、舞台、歌舞伎、アニメなど様々なジャンルで取り上げられてきた夢枕獏の人気小説。平安時代を舞台に、繊細で聡明な陰陽師・安倍晴明と友であり大切なパートナー・源博雅の活躍が描かれている。
三宅健が安倍晴明に、演出は鈴木裕美が担当今回は、主演・安倍晴明役に三宅健を迎え舞台化。演出は、2018年に上演された『二十日鼠と人間』でも三宅とタッグを組んだ鈴木裕美が務め、ダンスや殺陣を取り入れながら、大劇場ならではの劇場空間を存分に活かした新しい『陰陽師』を届ける。
上演台本は『真田十勇士』のマキノノゾミ上演台本は、映画『真田十勇士』の脚本を手掛けたマキノノゾミが担当。“人間ドラマ”を得意とするマキノが、不朽の名作『陰陽師』をどのように捉えるのか、期待が高まる。
作品詳細『陰陽師』
上演時期・会場:
・2022年2月~3月:新橋演舞場(東京都中央区銀座6-18-2)
・2022年3月:南座(京都府京都市東山区四条大橋東詰)
原作:夢枕獏(「陰陽師『生成り姫』」より)
上演台本:マキノノゾミ
演出:鈴木裕美
主演……