TOKIO・松岡昌宏 芸能界の“お地蔵様” 嫌い…|文枝も徹子も 見てくれる人がいなかったら番組は続かな…|酒と事件とNHK 明暗分けた草彅剛と山口達也(BES…

TOKIO松岡昌宏、「芸能界の“お地蔵様”」「嫌いな人いない」と絶賛する“大先輩”とは?

2020/02/11 10:30
こりゃあマッチさんからは学べないわな TOKIO松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5、2月9日放送)で、俳優・田山涼成について語られる場面があった。
 リスナーから「田山涼成さんが『松岡くんが家を二度ほど訪ねてくれて、奥様が大変な喜びようだった』と自慢話をしていました。その後、田山さんとはどのようなお付き合いをされていますか?」という質問が寄せられると、松岡は「田山さんね。田山さんにまだ、“毛”があった頃ですよ(笑)」とジョークを飛ばしつつ、田山との馴れ初めから話しだした。
 松岡いわく、田山とは「ちょくちょく仕事している」ものの、「一番ガッツリさせてもらったのは多分、僕が23(歳)の時かな。『ショカツ』(フジテレビ系、2000年)というドラマだったんですけど」とのこと。同ドラマの撮影場所と田山の自宅が近かったらしく、共演者3〜4人で集まり、田山家で食事をすることもあったとか。
 田山のモノマネをしながら「『松ちゃん来てくれるかなあ』って言うから、『行きますよ』って」と、当時のやりとりを再現する松岡。田山の自宅では「奥様の手料理をいただきながら」談笑していたといい、「もう20年前なんだ!?」と驚きながらも、当時を懐かしんでいた。
 その後、松岡は田山の人柄について「あの人ってホント、テレビで見た……

文枝も徹子も「見てくれる人がいなかったら番組は続かない」となんとも謙虚だ 〈徹子の部屋〉(テレビ朝日系)

2020/02/11 10:00
「45年目突入スペシャル」と題した1週間。ラインナップも月曜の松岡昌宏&大竹まこと&梅沢富美男の<松竹梅>おめでたトリオに始まり、火曜は15年ぶりに登場の落合博満&信子夫妻、水曜は日活の同期・高橋英樹&中尾彬コンビ、木曜は桂文枝&山瀬まみの「新婚さんいらっしゃい」コンビ、そして、金曜が関根勤&関根麻里親子という、ほかでは見られないゲストが目白押しだった。
たとえば火曜。日本初・1億円プレイヤーの落合が、いまや3人の孫の世話をする日々で、風呂上りの孫娘の髪をドライヤーで乾かす担当をしているというから驚いた。球界を引退して3年。夢だった「野球を観戦しながらビールを飲むこと」が出来たとしみじみ語る。やんちゃだった息子の福嗣くんも、いまや声優として活躍し、すっかり好々爺と化した落合にかつての輝きはなく......。
面白かったのは木曜。<東西長寿番組が夢のコラボ>ということで、番組開始から司会を務める桂文枝と7代目アシスタントの山瀬まみが登場。「新婚さんいらっしゃい」の裏話と、山瀬が結婚した際、夫とともに登場した場面や、新婚旅行の様子が流された。山瀬も結婚20年目というから驚きだ。文枝も徹子も「自分たちがやりたいといっても、やらせてくれる人、見てくれる人がいなかったら番組は続かない」となんとも謙虚。感謝を忘れないところが長寿番組の秘密!? 今の不遜なタレント……

酒と事件とNHK、明暗分けた草彅剛と山口達也(BEST TIMES)

2020/02/10 22:00
 2月2日に放送された「NHKスペシャル 食の起源 第4集 酒」(NHK総合)はなかなかそそられる内容だった。冒頭から「なぜ人類はこんな危ういものを飲まずにいられなくなったのでしょうか」というナレーションが流れ、メインパーソナリティのTOKIOの面々が「気になるよね」「たしかに」などと反応。ふむふむと思いながら見ていると、今度は「毒だと思って飲んでないよね」「良薬ですから」「そういうイメージが強いですけど」「僕らのなかでは」といったコメントが飛び出した。
この記事の写真はこちら
 このやりとりには、いやいや、君らのなかでそんなはずはないだろうと思わずツッコミを入れてしまったものだ。なにせ、TOKIOは2年前、酒によってメンバーをひとり失い、音楽活動を休止し、解散の危機まで囁かれたのである。言わずと知れた、山口達也の強制ワイセツ事件のことだ。
 18年2月、山口は司会を務める「Rの法則」(NHKEテレ)に出演していた未成年タレント2名を自宅に呼び、酩酊状態でひとりにキスをするなどしたとして書類送検された。これが4月に発覚して、会見を開いた山口は謹慎を発表。その後、起訴猶予となったものの、5月にジャニーズ事務所の契約を解除され、事実上の引退となった。
 このとき浮き彫りにされたのが、山口の飲酒癖である。事件の前には肝臓を休ませるために1ヶ月入……