TOKIO・松岡昌宏 Snow Manへのメッセージ…|平野紫耀 チョコMAX記録・結婚そろそろ|鈴木京香主演で らーめん才遊記 ドラマ化 おいしい一…|他

TOKIO松岡昌宏、Snow Manへのメッセージに「ドキッとした」「今こそ大切」とファン反応

2020/01/28 15:55
「野球チームできるな」ぐらいしか考えてなさそう TOKIO松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)が1月26日に放送された。今回は、1月22日にデビューしたばかりのSnow Manに対し、松岡が“意味深”なメッセージを送る場面があった。
 ラジオディレクターの紹介で、ロックバンド「BARBEE BOYS」のライブへ行ったと近況を報告した松岡。会場となった東京・LINE CUBE SHIBUYA(旧渋谷公会堂)について「変わっててビックリした」と言いつつ、「素敵な会場になってました」と絶賛。さらに、ボーカルの杏子を何度も「セクシー」だと評し、「セクシーボイスNo.1はやっぱり杏子さんだね! 生で(歌声を)聞いても鳥肌立ちまくりだよね」とかなり感動したよう。
 BARBEE BOYSは1982年に結成し、解散と再結成を何度か繰り返しているバンドだが、松岡は「いい感じだったね、メンバーが一丸となってる感じとかね」と、グループが非常に良い雰囲気だったことにも感銘を受けたそうで、しみじみと「いい経験させてもらいました」と、ライブを振り返った。
 その後、母親がSnow Manのファンだというリスナーから、彼らのデビュー曲「D.D.」のリクエストが届く。「TOKIOの出演している番組にメンバーが『出たい』と言ってい……

平野紫耀「チョコMAX記録・結婚そろそろ」

2020/01/28 14:11
 男性6人組アイドルグループ・King & Prince(通称・キンプリ)のメンバーが、24日発売の情報誌「月刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)に登場。「バレンタインにもらったチョコの最高記録は?」という質問に対する平野紫耀の答えが、「半端ない」「さすがスター」などと、読者に衝撃を与えることとなった。
 この質問に対し、髙橋海人は30個、永瀬廉は10個、岸優太は4個、神宮寺勇太は「全く覚えていないけど、そんなに多くないはず」と答える中、平野は「MAXは小4のときに64個」と、断トツの数字を明かした。
「平野が事務所に加入したのは高校生のときですから、“ジャニーズ補正”なしでの記録ということで、『えげつないモテっぷり』『おバカキャラなのに、そういう数字はしっかり覚えてるんだな』などと、2重の意味で衝撃が広まったようです。平野は昨年11月発売の女性ファッション誌『ViVi』(講談社)で発表された、『国宝級イケメン“NOW”ランキング 2019年下半期』において1位を獲得し、2連覇達成で殿堂入りを果たしましたが、その片鱗が垣間見えるエピソードとなったようです」(芸能関係者)
 その「ViVi」の今月23日発売号では、同誌37年の歴史上で4人目、先輩グループ・TOKIO長瀬智也以来22年ぶりに男性ソロでの表紙を務めた平野だが、特集ページでの「いつ……

鈴木京香主演で『らーめん才遊記』ドラマ化「おいしい一杯を極めます」:紀伊民報AGARA

2020/01/28 06:00
 ラーメンを題材とした漫画『らーめん才遊記』(作:久部緑郎、画:河合単/小学館「ビッグコミックスペリオール」)が、女優の鈴木京香主演で連続ドラマ化される。ドラマのタイトルは『行列の女神〜らーめん才遊記〜』。放送はテレビ東京系ドラマBiz枠(毎週月曜 後10:00)で、4月スタート予定。連日大行列ができる人気ラーメン店のカリスマ店主で、フード・コンサルティング会社「清流企画」の社長でもある主人公・芹沢達美を演じる鈴木は「観終わった後、ラーメンがきっと食べたくなります。一話一話、おいしい一杯を極めます」と意気込んでいる。
【写真】黒島結菜が『スカーレット』で演じた三津
 同作は、華やかだが過酷なラーメン業界をけん引するひとりの女性職人が、苦境にあえぐラーメン店を救う、フード・コンサルティングの物語。奇抜なアイデアと計算し尽くされた手法で、街のラーメン店を次々に繫盛店へと導く芹沢や、ラーメン店で働く人々の悲喜交々、人間ドラマを通じて、ラーメン店だけでなくさまざまな飲食店にも通じるフード・コンサルティング、起業、経営のノウハウも描く。
 これまで、『孤独のグルメ』や『きのう何食べた?』など、食をテーマにしたドラマを放送してきたが、本作はビジネスを切り口に、コメディタッチで味つけた、新たな食テーマ作品となる。
 共演には、料理の才能には秀でているが……

TOKIO松岡、ついに老眼鏡デビュー!後輩Snow Manが9人と知り「少年隊が3組!?」と驚愕

2020/01/27 20:36
TOKIO松岡、ついに老眼鏡デビュー! 1月11日の自身の誕生日の話から、老眼の話へ。これまで松岡さんは、少し画面から距離をとって携帯を見ていたものの、自身が老眼であることは認めずにきていたと言います。
しかし、友人に老眼鏡を勧められ、かけてみたところ、あまりの見やすさに驚きとショックを受けたのだそう。そしてその後すぐに老眼鏡を購入したことを告白しました。
この話にリスナーはネット上「まぼちゃん!祝老眼デビュー(笑)」「速報!松岡昌宏、老眼メンバー入り!」「老眼は認めないと思ったけど、即老眼を買ったんだね!まぼちゃん」と反応。松岡さんの老眼鏡デビューを歓迎するコメントが多くあがっていました。

『鉄腕DASH』の城島茂に「みっともない」の声 新企画「初モノ奪取」が不評?

2020/01/27 19:00
 1月26日に放送された日本テレビ系のバラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』で放送された企画「初モノ奪取(ダッシュ)」の内容が物議を呼んでいる。
 同企画はTOKIOのリーダー・城島茂が「初物を食べると寿命が75日のびる」という俗説をもとに、自身の健康と長寿を願うため、マグロの初物を手に入れるという企画。
 昨年までは、本企画は大手寿司チェーン店の「すしざんまい」の協力を得たが、失敗が続いたため「すしざんまい」と競争相手であるマグロの仲卸業の社長のサポートを受けることになった。
 登場した社長はテレビでのパフォーマンスを重視する「すしざんまい」とは違う職人肌の人物で、競り落としたマグロはすぐに有名な寿司屋に直接売られ、調理されるという。
 そこで城島らは初物マグロを扱う高級寿司屋へ向かったのだが、この店が手に入れた初物のマグロは「お客さんの自宅に出張で握りに行くもの」で、城島の願いは受け入れられなかった。
 しかし諦めきれない城島は寿司屋に向かい「どうしても初物のマグロが欲しい」と直談判。さらには「捨てる部位はないか」「そのお宅にお邪魔できないか」などと提案したが、答えは「NO」で、城島は泣く泣く今年の初物を見逃すことになった。
 この城島の行動に対しネットでは番組側に非難が集まった。「高級店で駄々をこねるのはみっともない」……

TOKIO」が福島を走る! 初日の聖火ランナーに

2020/01/27 18:13
 聖火リレー初日のPRランナーに「TOKIO」の4人が選ばれました。
 3月26日に福島県のJヴィレッジをスタートする聖火リレー初日の走者への起用が発表されたTOKIO城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さん、長瀬智也さんは原発事故後、福島の農産物の安全性とおいしさを伝える福島県のコマーシャルに出演し続けています。4人は「TOKIOにとって福島は心のふるさとです。復興に向けて頑張る福島の姿を全世界に発信したいと思います」とコメントしています。聖火リレー初日には他にも映画「フラガール」に出演した南海キャンディーズのしずちゃんら福島ゆかりの著名人が選ばれました。