若手俳優の注目株に!松村北斗 お芝居は 正解が分からなさ過ぎるから楽しい

若手俳優の注目株に!松村北斗「お芝居は、正解が分からなさ過ぎるから楽しい」

2020/01/27 07:01
毎週火曜21時~放送中のフジテレビ系ドラマ『10の秘密』。“娘第一主義”のシングルファーザー・白河圭太(向井理)にかかってきた「娘は預かった。命が惜しければ、元妻を捜せ」という脅迫電話をきっかけに、ベールに包まれた人間の欲望が暴かれていく本格サスペンスだ。
事件を追ううち、圭太は、元妻の仙台由貴子(仲間由紀恵)や娘・瞳(山田杏奈)が抱える秘密を目の当たりに。しだいに彼自身が抱えてきた“家族の秘密密”とも向き合うことに…。
一方、瞳にとって兄のような存在なのが音大生・伊達翼。物語を大きく動かしていくキャラクターでピアニストの伊達。演じる松村北斗は、先日CDデビューを果たしたSixTONESのメンバーであり、俳優としての評価も高まっている注目株だ。演じる役柄、ドラマについての思いを聞いた。
松村北斗インタビュー>――ピアニストである翼役を演じることについて、率直な感想は?
僕が最初にお話をいただいた時、“ピアノを生業にしている”という情報を聞いていて。だから、とにかく「ピアノを練習しなくては」と思っていました。
かなり前の作品ですが、『SHARK』(日本テレビ系)というドラマに出演した際に、バンドのキーボード役をやっていたんです。ピアノと言えたレベルではなかったんですけど、鍵盤と触れ合う機会はあって。その時に、勢いに乗って電子ピアノだ……