ジャニーさんだけ“嬉ション状態”! ジェシー 岩崎大昇 …|乃木坂46齋藤飛鳥 ゴチ 初参戦で大胆オーダー ノブとド… (5/9 Sexy Zone topics)

ジャニーさんだけ“嬉ション状態”! ジェシー、岩崎大昇、ヴァサイエガ渉に歌わせたい曲

2019/05/09 12:49
宮近と岸くんを抱いて「AHAHAHA~」なジェシー 小柄な美少年、不良、坊主頭、ハーフ(あるいは外国)、野球、複雑な生い立ち、貧乏、生意気、おしゃべり上手、うどん、ホタテの貝柱、ハンバーガー、オロナミンC、ファミレス……ジャニーさんの好きなモノをジャニオタに聞いたら、瞬く間に上記のような例を挙げるだろう。
 個人名を挙げるなら、KinKi Kids・堂本剛や中山優馬、「YOUは特別カッコいいよ」の“人間国宝”Sexy Zone佐藤勝利などなど。しかし、ジャニーさんの好きな人の原点を考えるとき、田原俊彦と郷ひろみの二人を忘れてはいけない。
 というか、ジャニーさんは彼らを失った後もずっと忘れられず、喪失感や寂しさを引きずり続けているんだろうと感じることが多々ある。
 例えば、現在のジャニーズでトシちゃんを思い出させるのは、SixTONESのジェシーと、美 少年の岩崎大昇だ。いずれも色白で、ちょっと細め(小さめ?)の垂れ目に、大きめの口、存在感ある鼻という「ハーフ顔」(ジェシーはハーフそのものだが)が、トシちゃんと共通している。
 性質的には、岩崎の方はおおらかで明るく親しみやすいところが共通しているように思うし、ジェシーの突き抜けたバカ明るさときたら、トシちゃんの大口を開けて屈託なく笑う「AHAHAHAHA~!」を思い出すことがあるほどだ……

乃木坂46齋藤飛鳥「ゴチ」初参戦で大胆オーダー、ノブとドラムセッションも

2019/05/09 12:00
今回は「世界三大珍味 史上最大の危機ゴチ!?トリュフ食べまくりSP」と題し、全メニューにトリュフを使っているという東京・東京ミッドタウンのレストランを舞台に勝負を展開。「ピタリ賞を狙います」とやる気十分の齋藤は初めてのトリュフに感激し、周囲の心配をよそに大胆なオーダーをする。また特技のドラムプレイを披露することになった齋藤が、「ドラムなら負けない」と言うノブ(千鳥)とセッションをする場面も。
このほか矢部浩之(ナインティナイン)のロケコーナーには大悟(千鳥)が登場。矢部に「こんな楽しくないロケ初めてやわ!」と言わしめる波乱の事態が巻き起こる。