自分の感覚を一番信じている セクゾ菊池風磨のパジャマ姿は必見!吉沢亮単独インタビュー 横浜流星×飯豊まりえ対談も

「自分の感覚を一番信じている」セクゾ菊池風磨のパジャマ姿は必見!吉沢亮単独インタビュー、横浜流星×飯豊まりえ対談も

2019/09/15 15:30
小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」10月号は、9月14日(土)発売です。NHKの朝ドラ「なつぞら」で“天陽ロス”が起こり、2021年大河ドラマの主演にも抜擢された吉沢亮さんが単独インタビューに登場。横浜流星さんと飯豊まりえさんはスペシャル対談で、映画共演時のエピソードを披露しています。特集は「食品ロスをなくせ!」。今号も盛りだくさん、親子で楽しめる一冊です。
吉沢亮さんは、映画「空の青さを知る人よ」で声優に初挑戦。18歳の声を演じたことについて、「僕の高校時代はキラキラしていなかったから、うらやましいなと思いながら演じましたね」と話しています。13年の時を超えてある人に会いにくるという映画の設定にちなみ、吉沢さんにも「時を超えて会いたい人」について聞きました。その答えは……「小学6年生の僕」。小学生時代の自分に伝えておきたいことがあるそうです。そのほか、ジュニアエラ読者世代の小学生から寄せられた質問にも丁寧に答えてくれています。
公開中の映画「いなくなれ、群青」で共演している横浜流星さんと飯豊まりえさんのスペシャル対談では、二人の初対面は中学1年生と小学6年生の時の雑誌の撮影だったというエピソードが披露されました。幼なじみらしく、映画の撮影では「悪いところはお互い正直に言い合いっこしよう」となったそうです。横浜さんが飯豊さんに「今のあくびは可……