友近さん(本人) 水谷千重子 (および 西尾一男…|Hey!Say!JUMP 7年ぶり台湾ライブの超貴…|ジャニーズ結婚緩和でも喜べないアイドル界の悲しい現実|他

友近さん(本人)、「水谷千重子」(および、「西尾一男」)を商標登録出願(栗原潔)

2019/10/15 13:36
ツイッターの商標速報bot経由で知りましたが、9月25日に、芸人の友近さんが本人名義で「水谷千重子」の商標登録出願をしていました(出願人、友近由紀子というのはほぼ本人確定と思われます)。なお、現時点では特許情報プラットフォームのデータベースにはまだ反映されていません。
言うまでもなく、「水谷千重子」は友近さん演じる架空の演歌歌手キャラであり、グッズ展開等を考えると商標登録しておくのは理解できますが、事務所(東京吉本)名義ではなく、個人の出願なのがちょっと気になります。
なお、友近さんの別の持ちネタである架空のおっさんキャラ「西尾一男」も同様に出願されています。
一般に、このような人名とみなされる商標を出願すると同姓同名の人の許諾が必要とされることがあります(関連過去記事「大勝軒による「山岸一雄」の商標登録出願が拒絶に」)。また、歌手名とみなされる芸名をCDや音楽の演奏等を指定して出願すると「商品の質を表わすにすぎない」という理由で拒絶になることがあります(関連ブログ記事「LADY GAGA商標登録拒絶にある結構深い問題」)。なので、これらが無事登録されるかどうかは何とも言えません。
しかし、やはり気になるのは、事務所名義ではなく、個人名義での出願であるところです。ちなみに、吉本所属の芸人さんでも、ダウンタウン等は事務所名義で登録されていま……

Hey!Say!JUMP、 7年ぶり台湾ライブの超貴重な内容レポ

2019/10/15 07:00
待ちわびたHey!Say!JUMPのコンサート。その内容をお届け!
 突然の“コンサート中止”により、日本からもファンが駆けつけた台北アリーナは熱気に包まれていた。期待に応えるべく、彼らは歌い、踊り、宙に浮く。行きたくても行けなかった。そんな人のために、超貴重なライブ内容をお届けする。
「タイワンダダージャジュデンラ!(台湾の皆さん、お待たせしました)」
 薮宏太(29才)が流暢な中国語で呼びかけ、高木雄也(29才)が、
「ウォイーヂーシャンジャダージャ(ずっときみたちのことを考えていました)」
 と笑顔を見せると、満員の会場は大歓声に包まれた。
 10月5・6日、Hey!Say!JUMP(以下JUMP)が台北アリーナで7年ぶりの台湾公演を開催。2日間で約2万2000人を動員した。
「地元台湾のファンはもちろん、香港や韓国から駆けつけたファンもいました。前半のMCはオール中国語で、最後まで日本語は話さないのかな? と思ったほど、地元ファンにも楽しんでもらおうという気配りがみえました。日本から参加したファンも大勢いて、そんなメンバーの気遣いに頬を緩めていました」(参加したファン)
 この台湾公演は、日本のファンにとって特別なものだった。5月19日、JUMPは、2007年のデビュー以来続けてきた、アリーナ会場でのコンサ……

ジャニーズ結婚緩和でも喜べないアイドル界の悲しい現実

2019/10/15 00:15
 ジャニーズ事務所が結婚ラッシュに見舞われそうだ。
 「所属するタレントのストレス解消策の一環です。半ば、開き直り策といってもいいかもしれない」と証言するのは某キー局関係者。SMAPが解散し、事実上の№1アイドルグループである嵐が’20年をもって活動休止する中、ジャニーズ事務所は結婚に関する規定を解除するという。
 「アラフォーに達したおじさんタレントを対象に、結婚を希望した場合、認めようというものです。これまでのジャニーズ事務所だったら、絶対に考えられなかったことです」(同)
 こうしたジャニーズ事務所の恩恵を一番にあやかったのが、先頃、結婚を発表したTOKIOの城島茂(48)。表向きの理由は、妻となる元グラドル嬢のできちゃった婚だが、本当の理由はTOKIOの解散を阻止するためだという。
 「今やTOKIOのメンバーの気持ちはバラバラなんです。嵐休止に続いてTOKIO解散となれば事務所のダメージは計り知れない。城島が結婚することで今一度、メンバーの絆を固めようというのが事務所の意思です」(芸能事情通)
 現在、城島に続くとみられているのが、「KinKi Kidsの堂本剛(40)と堂本光一(40)の2人です。そして中居正広(47)も外せない。さらにTOKIOの松岡昌宏(42)、加えて嵐の二宮和也(36)や相葉雅紀(36)、松本潤(3……

堂本剛が自らの”ジャニーズ人生”を完全否定! KinKi Kids解散がカウントダウン突入

2019/10/14 17:30
堂本剛 KinKi Kidsファンに動揺が広がっている。
 物議を醸しているのは、10月にファンに届いた最新のファンクラブ会報。一体どういうことか?
「キンキの会報はコンサートや舞台レポートがメインで、光一の単独会報が圧倒的に多い中、今回はようやく剛メインだったことで、剛ファンは大喜び。しかし、それも束の間、会報の中には『自分のやりたいことができる人生を歩んではこなかった』『客観的に自分を見たとき、かわいそうだなって』『ジャニーズだからっていうような概念は第三者が勝手に提供してくれるもの』『第三者が作った概念におつき合いすることに対して意味を感じなくなってしまった』などと、これまでのジャニーズ人生を完全否定するようなコメントが記載されていて、波紋を呼んでいます」(スポーツ紙記者)
 これにはファンも複雑な思いだったようで、ネット上では「剛くんジャニーズ人生否定って悲し過ぎる」「お金取って愚痴をファンに言うのは筋違い」「ずーっと応援してた人にあんなん言われたらショック」といった批判が殺到しているほか、中には「KinKiは元々やりたいことが全く違うのだから、すっきり解散して個人個人で好きな道を行くべきでしょう」と、解散を容認する声まで聞かれる。
「キンキをめぐっては、 6月27日発売の『週刊文春』(文藝春秋)にて、剛が『ジャニーさんがいなくな……

堂本剛「結構しつこくやった」ファンから悲鳴が溢れた驚きのミッション… #H B が話題

2019/10/14 16:42
「筋肉痛なるかな…?なる?」ご本人は無自覚の模様剛さんは「ホットケーキの間、ハンズアップしてたら筋肉痛なるかな…?なる?」と、ちょっと意外そうな反応が。ファンと剛さんの筋肉量に差があるのかもしれませんが、ENDRECHERIのライブ後にファンを筋肉痛にさせていたことは無自覚だった模様でした。
剛さんは、普段は筋トレが嫌いとは言うことがありますが、やはり楽器を弾いたりと何かと筋肉は普段から使っているのかもしれませんね。
剛さん自身は筋トレは嫌いなものの、遺伝子的にすぐに筋肉はつくタイプの体らしく、本当に実際筋トレをするとすぐに体が大きくなってしまうそうです。
また、過去にドラマ「to heart〜恋して死にたい〜」でボクシング選手の役をやられていたのですが、その時につけた筋肉は「中にいる」と感じるそう。
なので筋トレをちょっとするとすぐに出てくるんだそうです。最近はまた少し休んでいるようなのですが、そもそも「筋トレ何のためにやってんの…?」という疑問が浮かんできてしまうという剛さん。