KAT-TUN・中丸雄一 ハゲ 悪化!?|シューイチ ロケ撮影日に 危機感なさすぎ の声 自…|野ブタ 文化祭回は心にしみる好エピソードに 亀梨…|他

KAT-TUN中丸雄一「ハゲ」悪化!?

2020/04/26 15:34
 4月26日放送の『シューイチ』(日本テレビ系)にKAT-TUN中丸雄一が出演。MCの中山秀征と片瀬那奈と3人で東京から伊勢神宮を旅する企画が放送されたのだが、中丸の“激変ぶり”にネットが騒然となっている。
 この日は「中山&片瀬&中丸の東京~伊勢神宮3人ぽっち車旅」の後編が放送。3人は三重県桑名市にあるナガシマスパーランドを訪れ、絶叫アトラクションに挑戦することになった。
 すると、番組スタッフからの希望で中丸は「嵐」というジェットコースターに乗ることに。中山から「嵐にKAT-TUNが乗るのはどうですか?」と聞かれた中丸は苦笑いを見せながら「乗ってみたいです……」と少々ビビっていた。
 それでもおそるおそる嵐に乗った中丸。高速で回転することに恐怖の感じていたのか、終始目を開けず、絶叫するだけだった。
 これに対し、放送をみていたファンからは「すごい楽しかった!」「中丸くん可愛い!」と、かなり盛り上がった様子。だが、一方で、一部のファンからは中丸の“あの部分”に心配の声が集まっていたのだ。
「ジェットコースターに乗ったことで、前髪が風で吹き飛び、おでこが全開になっていたんですが、ファンはその広さに一抹の不安を感じたようです。放送後のネットには『あれ、おでこ広くなったりした?(笑)』『前よりも拡張されてない?』『おでこ広くなった気が……

「シューイチ」ロケ撮影日に「危機感なさすぎ」の声 自粛ムード緩んだ3月下旬にドライブ旅行

2020/04/26 14:40
2020年4月26に放送された日本テレビ系情報番組「シューイチ」に、視聴者から「危機感がなさすぎる」との声が寄せられている。
批判が集まったのは、番組内のコーナー「シューイチプレミアム」。先週19日放送分から引き続き、番組MCの中山秀征さん、片瀬那奈さん、レギュラー出演するKAT-TUN中丸雄一さんの3人が、ドライブ旅行をする映像が流された。
旅行は番組放送開始10年目を記念したもので、東京から3人が交代で車を運転しながら、目的地である伊勢神宮(三重県伊勢市)を目指す1泊2日の行程だ。
「外出自粛ではありますが、もうね、私たちと一緒に旅した気分でぜひご覧ください」片瀬那奈さんのそんな言葉とともに始まったVTRは旅行の2日目を撮影したもの。途中静岡県浜松市でスッポンの収穫を体験したり、ナガシマスパーランド(三重県桑名市)で絶叫マシンを楽しんだりし、最後には伊勢神宮を参拝。
旅行を楽しんだ様子の3人だったが、多くの視聴者の関心を集めたのはロケの撮影日である。
このロケが行われていたのは、3月24日。コーナー中は「撮影日:3月24日」というテロップが常に右上に表示されていた。最近はテレビ番組でロケ日を明示して放送することが多いが、今回の表示には
「なんでもかんでも撮影日を出せばいいってもんじゃない」という声も上がっている。
……

『野ブタ。』文化祭回は心にしみる好エピソードに 亀梨和也と山下智久のタッグが象徴するもの(リアルサウンド)

2020/04/26 13:15
 『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の放送開始の目処が一向に定まらない中、3週目に突入した『野ブタ。をプロデュース』特別編。4月25日に放送された第3話は、『野ブタ。』の中でも指折りの好エピソードである。学園ドラマというジャンルにおいて「文化祭」のエピソードというのは「修学旅行」と「卒業式」に並ぶ重要なもの。“青春の終わり”が迫っていることを示す「修学旅行」と、明確な“終わり”を示す「卒業式」に対し、「文化祭」にはそうした物哀しい雰囲気は付きまとわず、わちゃわちゃした空気感が“青春のピーク”を象徴しているのだ。
【場面写真】堀北を見守る亀梨と山下
 とはいえこの『野ブタ。』における「文化祭」は、ちょっとばかしセンチメンタルな空気を伴っている。ヒロインの信子(堀北真希)と継父との関係や、主人公たち3人にも通じる20年前の学生たちの生き霊。“楽しさ”とは何かという疑問や、“出会い”という奇跡の大切さ。そして修二(亀梨和也)が彰(山下智久)と信子の姿を通して自分が“空っぽ”であると気付きはじめること。スクールカーストの脆弱さが露呈しはじめると同時に、高校生の時分でしか味わえない感情と、成長ともいえる変化のチャンスがしっかりと描写されているのである。15年経って改めて観てみると、当時とまったく違って見え、より一層心にしみるエピソードだと感じず……

野ブタ。に出演の三遊亭とむ 5月1日にワンコインでネット落語会(サンケイスポーツ)

2020/04/26 09:40
 落語家、三遊亭とむ(36)が、5月1日午後8時からウェブ会議サービス、Zoomによる有料生配信落語会(500円)を開催する。
 とむは、本名・末高斗夢として活動していたお笑い芸人時代、日本テレビ系「野ブタ。をプロデュース」(2005年)で、KAT-TUNの亀梨和也(34)、俳優で歌手の山下智久(35)が演じる修二と彰のクラスメートで、お笑いコンビを結成する近藤役で出演。同作が特別編として再放送されて話題を呼ぶ中、落語家に転身したとむが、新型コロナウイルスの影響による公演中止をバネにしてネットから落語を届ける。
 Zoomはオンライン飲み会のツールとしても話題。ゲストに一門の弟弟子、三遊亭らっ好(29)、発泡スチロール芸で知られるお笑い芸人、できたくん(40)を迎え、それぞれの自宅からリモート出演する。
 とむは「現在、寄席、落語会は閉鎖され、はなし家は自宅に待機しております」と厳しい状況を報告。「Zoomも生もの。当日は何が起こるか分かりません」と胸を高鳴らせ、「今はリモートでしか落語をお届けすることができませんが、いつか皆さまに本物の寄席、落語会でお会いできるよう願っております。おうちで寝ながらでもお酒を飲みながらでも、好きな格好で楽しんでいたけましたら幸いです」と呼びかけた。

山P&亀梨 コロナ禍で会えない恋人たちに金言「2メートル以内に近づけないから、キスもできないよ」(スポニチアネックス)

2020/04/25 21:37
 KAT-TUNの亀梨和也(34)と山下智久(35)が25日、ニッポン放送「亀と山PのオールナイトニッポンPremium」(後6・00)に生出演し、外出自粛の大切さを説いた。
 2人は2005年に期間限定ユニット「修二と彰」としてミリオンヒットを記録した「青春アミーゴ」から15周年を迎え、初のアルバム「SI」をリリース予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け発売延期に。この日「家での時間が少しでも楽しくなるように」とラジオ特番が実現した。
 リスナーからの「こんな今ですがもし彼女が、外出自粛だけど会いたいと言ってきたらどうするか」という問いかけに対し、山下は「僕が思うには、TOKIOの国分太一さんが言っていたけど『今、会わないのは次会いたいから』ということだと思う」と先輩の言葉を引用してコメント。これには亀梨も「会ってもいいけど抱きしめられないし、キスもできない。会ったら触れたくなっちゃうわけじゃん。2メートル以内に近づけないから。今は愛しい人だからこそ、大切な人だからこそ会えない」と名言をさく裂させた。
 山下が「会わないからと言って関係が壊れるわけではない。一緒に乗り越えられる君がいてうれしいよってことじゃないですか」と優しく諭すと、亀梨も「今、そういう行動をとれるというのは、誰かを救ったことになる。『一日何もしなか……

亀と山P、ラジオハッシュタグがトレンド世界2位 名言連発&木村拓哉との秘話も告白

2020/04/25 20:11
 KAT-TUN亀梨和也と山下智久によるユニット・亀と山Pが、25日放送の『Stay at Home ジャニーズ・ウィークエンド 亀と山PのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)に生出演。自宅で聞いているファンがSNSで番組の感想を次々とツイートし、番組ハッシュタグ『#亀と山PANNP』は世界のトレンド2位となった。
 「青春アミーゴ」を大ヒットさせた修二と彰から15年。長年の関係を築き上げてきた2人は、番組冒頭からリラックスしたムードでトーク。Jr.時代のエピソードやユニットとしては初となるオリジナルアルバム『SI』(発売延期中)の制作秘話などを楽しそうに語り合った。
……