山崎アナ 夫・おばたのお兄さんの聖火ランナー決定に笑顔|KAT-TUN中丸雄一 自身の失敗で“グループ解散”…|志村けんさん 石川さゆりさん 中川翔子さん 亀梨和也…|他

山崎アナ、夫・おばたのお兄さんの聖火ランナー決定に笑顔

2019/12/18 11:45
 番組では17日に発表された聖火ランナーの話題を紹介し、亀梨和也や古坂大魔王、片岡愛之助など多くの芸能人がランナーに選ばれたことを伝えた。進行を担当していた山崎アナはコーナーの最後で「もう1人注目したい人がいます!」と言い、「すみません、うちの夫選ばれたんです!」とうれしそうに明かした。
 おばたは来年6月5日に地元新潟で走る予定とのこと。そして、今の心境を直接本人に取材した山崎アナは「うれしい気持ちと同時にオリンピックに携わるんだという責任が生まれました。地元の人や家族も喜んでいるのでその思いも聖火と一緒に繋ぎたい」と夫のコメントを紹介した。
 コメントを聞いた社会学者の古市憲寿は「いいんですけど、芸人さんのコメントとしてどうなんですかね。1ミリも面白くない」とバッサリ。伊藤利尋アナからも「普通すぎない?」と言われてしまい、山崎アナはあわてて「小さい頃からオリンピックに携わるのが夢のまた夢だったってことで本当に喜んでました」とコメント。笑顔で語る姿から夫の聖火ランナー決定を心から喜んでいる様子だった。
【ピックアップ】
・注目アイドルの写真集・DVD満載……セクシーグラビア一挙公開
・橋本環奈、久松郁実、伊織もえ……セクシー写真集続々!注目の写真集まとめ
・【TGS 2019】美人!可愛い! コスプレイヤー&コンパニオンを激……

KAT-TUN中丸雄一、自身の失敗で“グループ解散”の危機に?「殴り合いのケンカに…」

2019/12/17 20:10
番組の中で、中丸は「グループがデビューする前に、ちょっと解散しそうになったきっかけを作ってしまったことがありまして」と切り出し、先輩の舞台に出た際にKAT-TUNのメンバーで1曲歌わせてもらったと振り返った。
その際、ハンドマイクを自分で管理していたとして、「マイクがなくて。どこ探してもなくて」「手ぶらで1回出たことがあるんですよ」と1人だけマイクがないままステージで歌ったことがあると話してスタジオを驚かせた。
その後、舞台袖に戻ると、亀梨和也がフォローに行かなかった上田竜也を注意したことをきっかけに「殴り合いのケンカになっちゃって」「それ以外にもいろいろな事が重なったのか、亀梨くんが『俺はもうグループ抜けますわ』ってなって、そのあとジャニーさんに言いに行って」と説明。
そして亀梨からその旨を伝えられたジャニー喜多川氏は、「グループのことでケンカするのは素晴らしい」と亀梨と上田の2人をその場で仲直りさせたと明かし、中丸は当時を振り返り「ただ元をたどれば自分がマイクを忘れなかったらよかった事…」「あれは反省しましたね」とコメントした。

志村けんさん、石川さゆりさん、中川翔子さん、亀梨和也さんが聖火ランナーに内定(東京オリンピック)

2019/12/17 18:10
2020年東京オリンピックの聖火ランナーとして、都内を走る著名人が明らかになった。
東京都オリンピック・パラリンピック準備局によると著名な芸能人は、タレントの志村けんさん、歌手の石川さゆりさん、タレントの中川翔子さん、男性アイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーである亀梨和也さんの4人。
このほか、読売巨人軍の原辰徳監督や、モントリオール五輪女子バレーボール金メダリストの吉田昌子さんら、スポーツ界で活躍した人も走る。

聖火ランナー 著名人続々発表 ネットは東京・亀梨の参加に反応「おめでとう!」(デイリースポーツ)

2019/12/17 16:48
 東京2020組織委員会は17日、2020年3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)をスタートする国内聖火リレーの最初のランナーに、東日本大震災が起きた11年にサッカー女子W杯ドイツ大会で優勝した日本代表「なでしこジャパン」を起用すると発表した。また各都道府県を走る著名人も続々と発表されている。
【写真】西川貴教 タンクトップからこぼれる筋肉
 五輪開催地の東京では亀梨和也や横綱・白鵬、志村けん、巨人の原辰徳監督らの名前が。特に若者に大人気の亀梨が地元・江戸川区を走るというニュースに、ネットは「おめでとう」「素晴らしい」などの声が相次いだ。
 神奈川県は横浜出身の出川哲朗、DeNAのラミレス監督、つるの剛士らが参加。つるのはツイッターで「神奈川県藤沢市にやってくる聖火をボクもしっかりと繋がせていただきます!」と喜びをつぶやいた。
 愛知県はフィギュアスケートの宇野昌磨、将棋の藤井聡太七段が。滋賀県は観光大使の西川貴教、競馬の武豊騎手ら。大阪府では、TBSの“赤坂マラソン”でも存在感を示す森脇健児の名前もあった。森脇は所属事務所を通じ「東京オリンピックが決まった時から聖火ランナーをやりたいと思っておりましたが、まさか実現するなんて夢のようです」と感激のコメントを発表した。
 山梨県は、64年の東京五輪でも聖火……