ジャニー喜多川の育成論 オーディションで“名乗らなか…|KAT-TUN MC白けすぎ プロ意識ある? と…|KAT-TUN全国ツアーにサプライズで登場した後輩思…

ジャニー喜多川の育成論。オーディションで“名乗らなかった”真意とは?

2019/08/20 11:04
 日本のエンターテインメント業界において、いつの時代も輝きを放ち続けるジャニーズ事務所。所属タレントがコンサートはもちろん、テレビや雑誌などさまざまな分野で、グループとしてもソロとしても活躍し続けているのは、もはや説明不要なほどに周知の事実だろう。
 帝国とまで称される一大勢力を築き上げた背景には、2019年7月に逝去したジャニー喜多川氏の功績があったのはいうまでもない。過去にさまざまな媒体から発信された言説をたよりに独自の目線から“ジャニーズ論”を考察する一冊『ジャニーズは努力が9割』(霜田明寛/新潮社)には、ジャニー氏ならではの“育てる力”を理解するためのヒントが示されている。
■今ではなく“20年後の顔”がみえるかどうかが採用の基準に ジャニー氏は「日本一優秀な採用担当者」であったと解説する本書。1962年の創業時から、半世紀以上にわたり第一線の芸能事務所として栄えてきた土台には、同氏の持つ「人を見抜く能力」があったと説く。
 例えば、Hey! Say! JUMPの山田涼介は、今や多くのドラマや映画の主演を飾るほどに成長したメンバーの一人だが、オーディション当時は、丸顔のあどけない小学生の男子だった。他にも、KAT-TUN上田竜也は、デビューを控えるジャニーズJr.の時代には、ファンから「サル」とあだ名を付けられていたなど、いずれのメン……

KAT-TUN、「MC白けすぎ」「プロ意識ある?」と大阪公演にファン落胆……中丸雄一に批判噴出

2019/08/20 08:00
なるほど、こんな感じ? 8月9日の神奈川県・横浜アリーナ公演より、『KAT-TUN LIVE TOUR 2019 IGNITE』を開催中のKAT-TUN。同16日・17日には大阪城ホールのステージに立ったが、中丸雄一亀梨和也に“公開ダメ出し”をする場面があり、ファンの間で波紋を呼んでいる。
 “事件”が起こったのは、台風10号の接近にともなって中止になった15日夜の振替公演(16日午後1時開演)。MCタイムで、中丸がアルバム『IGNITE』の収録曲「Reflect Night」における亀梨の歌い方が変わったことを指摘し、会場が白けた雰囲気に包まれてしまったという。
「コンサートを見たファンのレポートによれば、中丸は曲の終わりで亀梨が歌う『いつまでも輝いて』の部分に関して、『最近そこ(音程を)一個下げて歌ってない?』などと物申したそうです。上田竜也が『ダメ出しは後でしてもらっていいかな』と止めに入るも、『音声さんにも確認した』と切り出し、その後しばらく亀梨に音程の確認をしていたといいます。収拾がつかず、苛立ちを覚えた様子の上田が『南無阿弥陀仏!』と発して、この話題は終了。中丸の言葉を受け、亀梨は『すみませんでした! 気をつけます』と謝罪するも、思わず『当たりキツくない? 俺、なんか悪いことした?』と、つぶやいていたとか」(ジャニーズに詳しい記者)……

KAT-TUN全国ツアーにサプライズで登場した後輩思いの嵐・櫻井翔

2019/08/19 19:13
現在、全国ツアー中のKAT-TUNだが、そのステージ演出の一部について、ファンの間で話題になっている。
上田竜也のソロ曲「百花繚乱」では、上田が歌いながら、火花が上がる中を歩いてきて、2コーラス目に入るときに「この中で俺より上手く歌えるヤツはいるか?」とファンを挑発し、ステージに1人上げ、2コーラス目を歌わせる演出がある。
横浜公演初日は上田が仲良くしている後輩の「宇宙Six」の松本幸大が登場。2コーラス目を完璧に歌った。その後、上田が「明日からはお前らだからな!」と客席に向かって言い放った。
たしかに、ジャニーズの公式Webサイトの上田のコーナーで「2コーラス目完璧に歌えるようにしてこい!完璧に歌えるやつは…もれなく1名…ステージに上げてやる!!」と書いてあった。それをまさか本当にやるとは…。
ジャニーズ事情通は「横浜公演2日目の1部公演では、上田が近くにいることで緊張してしまったのか歌えなかった女性ファンでした。2部と翌日の1部、2部は女性ファンが完璧に近い仕上がりで会場は沸いていました。ツイッターのトレンドにも『ラップバトル』と入ったほどなので、その衝撃はすごかったのだと思います。このご時世、入場時にチェックするとはいえ、一般人を舞台に上げることはリスクがあるだろうと思います。それを押してでも、このソロ曲をやろうと決断した上田も、そ……