新たな“おバカ”タレントにさんま撃沈 濱田崇裕 自覚してなかったんですけど

新たな“おバカ”タレントにさんま撃沈 濱田崇裕「自覚してなかったんですけど」

2020/11/24 06:00
 明石家さんまが司会を務める、24日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜 後7:56)は「最強おバカ軍団vsインテリ芸人軍団」。おバカ軍団の今井アンジェリカ、王林、陣内智則、滝沢カレン、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、別府ともひこ(エイトブリッジ)、横川尚隆と、インテリ芸人軍団の岡部大(ハナコ)、カズレーザー(メイプル超合金)、サーヤ(ラランド)が登場する。
【写真】滝沢カレン、王林らも出演
 初登場のジャニーズWEST濱田について陣内は「吉本にもうわさ届いてるよ」と、おバカ界のニュースターとして注目。濱田本人は「自分のことおバカと自覚してなかったんですけど」と戸惑うあまり、このあと“おバカすぎる”言い間違いをしてしまう。王林は、自粛期間中にりんごを育てていたというエピソードを披露するも、よくわからない説明が続き、さんまが「ちょっと休ませて」とノックダウン。見かねたカズレーザーが王林のトーク内容をかいつまんで説明するが、王林から「ちょっと違う」とハッキリダメ出しされてしまう。
 トークテーマ「私って天才かもと思った事」では、王林が「私は発想が天才」と豪語。自分が緊張しない理由を「人は結局一匹の猿だった」と究極すぎる理論でまとめあげる。さんまにも緊張しないという王林と反対に、陣内と滝沢はさんまに対して緊張のあまり「会いたくない」と……