高岡早紀 大開脚の入念ストレッチ姿に驚き しなやか~ めっちゃ柔らかいんですね

高岡早紀、大開脚の入念ストレッチ姿に驚き「しなやか~」「めっちゃ柔らかいんですね」

2020/11/17 13:30
 女優の高岡早紀が16日、アメーバオフィシャルブログを更新。公演前のストレッチ姿や“すんとしたメーク姿”などを公開し、ファンから反響を呼んでいる。
 舞台「エレファント・マン THE ELEPHANT MAN」(森新太郎演出)は、10月27日~11月23日に東京・世田谷パブリックシアターにて上演。本公演は、19世紀イギリスに実在した人物を題材とした戯曲で、膨張した頭部、著しく変形した身体、その外見から「エレファント・マン」と呼ばれる青年の物語。1977年にロンドン初演、日本では劇団四季、文学座、ホリプロ制作等で上演され、近年では2014年から15年にかけてブラッドリー・クーパーが、ブロードウェイとウエストエンドで公演を成功させた不朽の名作だ。
 タイトルロール「エレファント・マン」を務めるのは、アイドルグループ「ジャニーズWEST」の小瀧望。特殊メークを施さずにゆがんだ外面とゆがみのないジョンの内面を同時に表現する難役に挑む。小瀧と高岡のほかに、近藤公園、木場勝己、花王おさむ、久保田磨希、駒木根隆介、前田一世、山崎薫らが出演。
 公演前に更新したブログ。「おはよ~ 今日は2回公演!入念にストレッチ」とつづり、楽屋で開脚しながらストレッチをしている姿を公開。続けて、「すんとしたメーク完成!」とメーク道具を前に高岡が演じるケンダル夫人に変身した自撮……