Snow Man 最年長メンバー深澤辰哉 挫折と挑戦で磨かれた人物像 グループ内の潤滑油のような存在に(リアルサウンド)

Snow Man 最年長メンバー深澤辰哉、挫折と挑戦で磨かれた人物像 グループ内の潤滑油のような存在に(リアルサウンド)

2020/04/25 06:02
 Myojo6月号に掲載されたSnow Manのメンバー深澤辰哉の1万字インタビュー「僕がJr.だったころ」がファンの間で話題となっている。Jr.時代を振り返りながら、当時の想いを包み隠さず語った深澤の言葉はSnow Manのファンはもちろん、多くのジャニーズファンの心に響いた。デビュー以来快進撃を続けるSnow Man。初冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)も好評で、『Paravi』でも配信(4月24日はサプライズロケ完全版、5月中は毎週金曜に地上波SP完全版を配信)がスタート。今回は勢いに乗るSnow Manの最年長、“ふっか”こと深澤にスポットを当て、その魅力を検証したい。
●挫折と挑戦を繰り返しJr.歴最長記録・最年長で掴んだデビュー
 深澤がSnow Manのメンバーとしてデビューを掴んだのは27歳。ジャニーズJr.歴15年が過ぎた時だ。年齢、Jr.歴ともジャニーズ最長記録となっている。母親がバラエティ番組の追加オーデションに応募したことがきっかけでジャニーズの一員となった。すぐにJ.J.Expressのメンバーとして華々しく活動をスタートしたが、2007年にHey! Say! JUMPがデビューした際、深澤と橋本良亮A.B.C-Z)はメンバーに入ることはなかった。その後、Mis Snow Manの活動を経てSnow……