帯ドラマ劇場 週刊やすらぎの刻~道 竜がお年寄りを…|藤ヶ谷太輔と奈緒の恋の行方はどうなるのか やめすこ…|藤ヶ谷太輔&奈緒 やめすこ いよいよ最終話!壱晴と桜…|他

【帯ドラマ劇場 週刊やすらぎの刻~道】竜がお年寄りをだまし捕まる 「いつかはこんなことに」

2020/03/23 11:56
 ■先週のおさらい
 大地震直後に、しのぶ(清野菜名)たち家族を探しに福島方面へと向かった翔(菅谷哲也)が帰宅した。被災地はめちゃくちゃで、とても人探しをする状況ではなかったという。しのぶたちの住んでいた地域は津波にさらわれていた。公平(橋爪功)は、しのぶたちの無事をひたすら祈るしかなかった。
 ある日、四男・圭(山村憲之介)の息子・克夫(戸塚祥太)が車で通りかかったところ、疲れた様子の女性を見つけた。公平の末娘でしのぶの母・里子(菅野恵)だった。里子によると、しのぶはバイト先の中華料理店で地震にあい、逃げる途中に、店に忘れたピアノの楽譜をとりに帰ったところを津波に襲われたらしいという。しばらく待ったが、しのぶが戻ってくることはなかった。
 それから月日はたち、令和元年。公平は95歳、しの(風吹ジュン)は96歳。2人は変わらず、静かに暮らしていたが公平には認知症が忍び寄っていた。
 一方、公平の次男で翔の父・竜(駿河太郎)に警察の手が伸びていた。公平宅にも刑事が来たが、しのは公平には黙っていた。長男・剛(田中哲司)によると、竜は架空の土地取引でお年寄りをだまして逃げていたのだった。被害は何十億にも上っていた。農家の圭も借金を重ね過ぎて、経営が危ないという。
 翔は相変わらず毎月、福島へ津波で行方不明になったしのぶを探しに行っていた。

藤ヶ谷太輔と奈緒の恋の行方はどうなるのか 『やめすこ』一貫して重要だった壱晴の“声”(リアルサウンド)

2020/03/23 08:01
 ついに壱晴(藤ヶ谷太輔)と桜子(奈緒)の関係が……。『やめるときも、すこやかなるときも』(日本テレビ系)は3月23日に最終回を迎える。
【写真】『やめるときも、すこやかなるときも』最終話シーン写真
 個展の最中、スピーチの途中で声が出なくなってしまった壱晴。一方、桜子は壱晴からの個展の知らせと共に入っていた手紙を読んで、急いで個展会場に向かう。そこで壱晴が桜子を想って作った椅子「sakurako」に腰掛け、ただ涙を流すのであった。しかし、個展会場には既に壱晴の姿はなかった。声が出なくなったことで、壱晴は1人になるために会場を後にしてしまったのだ。慌てて壱晴を探す桜子。その時、2人の運命は……。
 そばにいながらもすれ違い続けた2人の恋の行方はどうなるのか。壱晴がずっと抱えてきた真織(中井友望)への想いの清算、そして桜子が抱えてきた家庭問題の答えを解決するための糸口が見つかったとき、2人は大きく前進する。最終回の見どころは、まさにそんな2人の成長する姿だろう。桜子を想いながらも、なかなか真織を吹っ切れずにいた壱晴。一方で桜子も、実家に縛られ、父から暴力も受けており、思うようにいかない暮らしをしている。そんな2人がこの恋を通して、自分の人生を大きく切り拓いていく姿が描かれる。今まで伝えられなかった想いを必死に伝えようとする壱晴の姿に、思わず目頭が……

藤ヶ谷太輔&奈緒『やめすこ』いよいよ最終話!壱晴と桜子が選ぶ未来とは?

2020/03/23 08:00
Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と奈緒が出演する「シンドラ」第11弾『やめるときも、すこやかなるときも』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)最終話(第10話)が、3月23日に放送される。
同ドラマは、人を思う優しさと身勝手な残酷さに揺れる、「好き」だけでは前に進めない2人のラブストーリー。原作は、恋愛のリアルを描くことに定評のある窪美澄の同名長編小説。脚本は、映画『ストロボ・エッジ』など多様な恋愛模様を紡いできた桑村さや香が、演出は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)など話題作が続く小室直子が務め、恋愛に伴う「矛盾」「曖昧」「痛さ」に満ちた感情を、リアルな機微で描いていく。
真摯に仕事に取り組むも、師を越える新しい作品が作れず、職人として伸び悩んでいる家具職人・須藤壱晴(藤ヶ谷)と、仕事面では自立しているものの、恋愛がからっきし上手くいかない広告制作会社OL・本橋桜子(奈緒)。惹かれ合い、心を通わせていくように見えた2人だが……。
<最終話(第10話)あらすじ>
スピーチの途中で突然声が出なくなりざわつく人々の中、呆然と立ち尽くす壱晴(藤ヶ谷)。個展の案内を受け取った桜子(奈緒)は封筒の中に手紙が添えられていることに気づく。手紙には、「桜子の椅子」が完成したこと、そこに込められた壱晴の思いが真摯に綴られていた。読み終……

寝坊で生放送欠席のABC-Z・戸塚祥太 遅刻で思わず嘘をついてしまった人は…

2020/03/22 18:31
(champja/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)16日、A.B.C-Z戸塚祥太が出演予定であった『グッとラック!』(TBS系)を欠席。
放送中に連絡を取ろうとしても繋がらなかったため、事件や事故に巻き込まれたのでは…と心配する声も上がっていたが、ファンサイトにて「寝坊をしてしまいました」と謝罪のメッセージを綴った。
戸塚は素直に理由を明かして謝ったが、遅刻してしまったときに思わず嘘をついた経験がある人もいるのではないだろうか。
画像をもっと見る