NEWS・増田貴久が雑誌 TVガイドPERSON に…|A.B.C-Z河合郁人 オレどうしようと思って Sn…|藤ヶ谷太輔演じる壱晴 桜子に過去について話す覚悟を決…

NEWS・増田貴久が雑誌「TVガイドPERSON」に登場!今、時代に求められる男の内面に迫る!

2020/02/10 15:27
男性アイドルグループ・NEWSのメンバー増田貴久さんが、2月7日発売の雑誌「TVガイドPERSON」vol.90の表紙に登場しました!
増田さんはNEWSのメンバーとしてアルバムやツアーに臨む一方で、個人としてもドラマ、バラエティー番組などに出演し現在大活躍中。同誌の表紙に過去2回登場した際も、増刷となるほど大きな反響を呼びました。
巻頭特集では増田さんが出演する3月7日(土)スタートの「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」に対する想い、そして仕事にまつわるドラマの題材になぞらえ、増田さんにとっての「仕事とは何か」に迫っています。
増田さんは「“自分が思った感情をしっかり伝える”のが大切」と、仕事やファンへ向けた誠実な思いを語り、「演じることがすごく好き」、「台本に書いていない情報を知っている方が安心する」など、演技に対する想いや役作りについて語ります。
その他の特集では、舞台「FORTUNE」で主演を務める森田剛さん、舞台「阿呆浪士」に出演する戸塚祥太さん、ミュージカル「天国の本屋」に出演する河合郁人さん、ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season3に登場する浦井健治さん、加藤和樹さんなどが登場しています。
増田貴久さんが表紙を飾る「TVガイドPERSON」vol.90は2月7日発売です。
……

A.B.C-Z河合郁人「オレどうしようと思って」Snow Manの登場で言いづらくなったこと…

2020/02/10 14:45
河合「後輩の名前はしっかり覚えるようにしている」井ノ原の神対応を受け継ぐ最後は、V6の井ノ原さんの話題に。当時、高校生だった河合さんは井ノ原さんの番組に出演。
河合さんがスタジオで台本に目を通すと、本名の『ふみと』ではなく『いくと』と間違って記載されていたのだそう。河合さんは「番組に出られるなら『いくと』でもいいや」という思いから、特に訂正もしなかったのだとか。
しかし、井ノ原さんは番組スタッフを呼び「河合ふみとだよね?」と台本の間違いを指摘してくれたとのこと。
「それまで井ノ原さんに名前呼んでいただいたことなかったんですよ」と河合さんが井ノ原さんが呼んだこともない後輩の名前を覚えてくれていたと明かしました。
「そういうの嬉しいよね、名前をちゃんと覚えてもらってるっていうの」と東野さんが相槌を打つと、河合さんが「めちゃくちゃ嬉しいです!」とコメント。
そして、河合さんが「それを経験したんで、後輩に対して『君の名前知らない』って言いたくないんで、後輩の名前はしっかり覚えるようにしています」と井ノ原さんの神対応を受け継いでいると告白。
そんな河合さんに対して東野さんが「えらいなー!」と称賛しました。

藤ヶ谷太輔演じる壱晴、桜子に過去について話す覚悟を決めるが…『やめすこ』第4話

2020/02/10 05:00
Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と奈緒が出演する「シンドラ」第11弾『やめるときも、すこやかなるときも』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)第4話が、2月10日に放送される。
同ドラマは、人を思う優しさと身勝手な残酷さに揺れる、「好き」だけでは前に進めない2人のラブストーリー。原作は、恋愛のリアルを描くことに定評のある窪美澄の同名長編小説。脚本は、映画『ストロボ・エッジ』など多様な恋愛模様を紡いできた桑村さや香が、演出は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)など話題作が続く小室直子が務め、恋愛に伴う「矛盾」「曖昧」「痛さ」に満ちた感情を、リアルな機微で描いていく。
真摯に仕事に取り組むも、師を越える新しい作品が作れず、職人として伸び悩んでいる家具職人・須藤壱晴(藤ヶ谷)と、仕事面では自立しているものの、恋愛がからっきし上手くいかない広告制作会社OL・本橋桜子(奈緒)。惹かれ合い、心を通わせていくように見えた2人だが、互いにまだ打ち明けていない、心の傷を抱えていて……。
<第4話あらすじ>
壱晴(藤ヶ谷)の母の実家で、壱晴と女の子のツーショット写真を見てしまった桜子(奈緒)だったが、それについて壱晴には聞けず、相手の過去には「踏み込まないのがルール」だと自分に言い聞かせ思い悩んでいた。
本橋家ではいつものように暴れ……