“表現者として今 時代に求められる男”増田貴久の純真さ “自分が思った感情をしっかり伝える”のが大切

“表現者として今、時代に求められる男”増田貴久の純真さ「“自分が思った感情をしっかり伝える”のが大切」

2020/02/07 10:00
「TVガイドPERSON vol.90」(東京ニュース通信社刊)
今号の表紙を飾るのは、3月7日(土)スタートの「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」(WOWOWプライム)で、WOWOWドラマ初出演を果たす増田貴久。巻頭特集では、今作にかける思い、そして、仕事にまつわるドラマの題材になぞらえ、彼にとっての「仕事とは何か」に迫る。
NEWSのメンバーとして、来月リリースするアルバムやコンサートツアーの制作に臨む一方で、個人としても、ドラマ、バラエティー番組出演と、まさに八面六臂の活躍。今号で3度目のソロ表紙となる本誌でも、表紙を飾った「vol.72」「vol.84」ともに増刷に至る人気ぶりで、どちらも大きな反響を呼んだ。そんな増田が、「“自分が思った感情をしっかり伝える”のが大切」と、仕事、そしてファンへ向けた誠実な思いを。さらに、「演じることがすごく好き」と作品への真摯な思いを語り、「台本に書いていない情報を知っている方が安心する」と、役柄のバックボーンにまで思いを馳せる貪欲な役作りを明かしていく。表現者として今、時代に求められる男のロングインタビュー&スペシャルグラビアは必見だ。
また、今号は、森田剛主演の舞台「FORTUNE」の公開フォトコール、戸塚祥太主演の舞台「阿呆浪士」のゲネプロ、河合郁人主演のミュージカル「天国の……