スノストの次は?ジャニーズJr.時代のCM起用はCDデビューの近道(日刊ゲンダイDIGITAL)

スノストの次は?ジャニーズJr.時代のCM起用はCDデビューの近道(日刊ゲンダイDIGITAL)

2020/01/22 09:26
 22日、ジャニーズ事務所所属のSnowMan(スノーマン)とSixTONES(ストーンズ)の2組が同時にデビューするが、業界内でささやかれているのは、Jr.時代にメジャー企業のCMに起用されると、ほどなくCDデビューできるという“法則”だ。
「12年のサーティワンアイスクリームCMに起用されたのは、のちにSixTONESとなるジェシー(23・当時はルイス・ジェシー)、田中樹(24)、京本大我(25)など。日米のハーフでモデル経験もあった長身のジェシーは2年後(14年)、紳士服のAOKIの『フレッシャーズ応援フェア』にも抜てきされ、Jr.仲間だった高橋颯さん(21・現ダンス&ボーカルグループ「WATWING」)と一緒に、上戸彩(34)と共演しました。ちなみに、京本大我は俳優の京本政樹(61)のひとり息子です」(広告代理店)
 SnowManは、16歳でキャリア5年の最年少ラウールからデビューまでジャニーズ史上最長の苦節15年かかった深澤辰哉(27)と阿部亮平(26)まで、年齢差、キャリアの幅が最も広い9人組だ。体脂肪5%の“筋肉オタク”岩本照(26)も13年にサーティワンのCMに出演。一緒だったのは、King&Princeの神宮寺勇太(22)。同年の別キャンペーンには、同じくキンプリで、病気療養中の岩橋玄樹(23)の姿もあった。
 SnowMa……