A.B.C-Zの橋本良亮 山下智久… スキャンダルと…|亀梨和也ホラー初出演!“事故物件”に住む売れない芸人…|やめるときも すこやかなるときも ヒロイン・奈緒の…|他

A.B.C-Z橋本良亮、山下智久… スキャンダルと黒歴史まみれのジャニタレ4人! 「ファンだったけど限界」「やって…

2020/01/21 07:00
画像は、「Johnny’s net」公式サイトより 世の女性たちから熱い視線を集めているジャニーズアイドルだが、中にはアイドルらしからぬ“遊び人”も。例えばA.B.C-Z橋本良亮は、度重なる写真流出でファンをふるいにかけている。
 一部報道によると、最近とある一般人のInstagramに橋本と見られる男性が映り込んだ動画が投稿されたという。クリスマスパーティーの模様を収めた動画で、テーブルにはシャンパンなどの大量の空き瓶が。数人の女性たちも乱痴気騒ぎに参加しており、ネット上では「もっとアイドルとしての自覚を持ってほしい」「ファンだったけどもう我慢の限界」といった声が相次いだ。橋本には以前から様々な“前科”があり、女性との“肉フェスデート”の疑惑がある写真が流出したことも。
 今回はそんな橋本のように、私生活のやんちゃっぷりが話題になったジャニーズを紹介していこう。
●岡本圭人
画像は、「Johnny’s net」公式サイトより まずはHey! Say! JUMPの岡本圭人。彼は以前「週刊女性」(主婦と生活社)にキャバクラで豪遊しているところをキャッチされてしまった。記事によると彼は、別のキャバクラで一般人に声をかけられて入店したとのこと。つまりキャバクラを“はしご”しており、取材を受けた常連客は「学生のコンパみたいにノリノリで大騒ぎして……

亀梨和也ホラー初出演!“事故物件”に住む売れない芸人役でリアルな怪奇現象に遭遇!?(TOKYO HEADLINE W…

2020/01/21 06:04
 前の住人が自殺や殺人、孤独死、事故などで死んでいる部屋や家=「事故物件」を転々としている芸人・松原タニシによる、ベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」が映画化されることが決定。
A.B.C-Z 河合郁人の高級カステラは乃木坂46井上小百合に届かず…
 KAT-TUNの亀梨和也が、5作品目の主演作となる本作でホラー初出演をはたす。今回寄せられたコメントで亀梨は、移動車が突然、故障するという奇妙な体験をしたと明かしつつ「普段自分を応援してくださっている方々にとっても初めての姿をお見せできると思いますし、ホラーファンの方々にとっても自分は初めましての存在だと思うので、いろんな方に楽しんで頂ける作品にできるよう撮影に励みたい」と意気込みを語っている。
 原作は、読むと「恐すぎて部屋に入れない」と話題沸騰のベストセラー。2012年よりテレビ番組「北野誠のおまえら行くくな。」(エンタメ~テレ)の企画により事故物件に住み始め、以降、大阪、千葉、東京、沖縄で実際に9軒の事故物件に住んできたタニシ氏の体験をそれぞれ間取り付きで紹介したもの。
 物語は、タニシ氏の実話をベースに、売れない芸人・山野ヤマメが先輩から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところから始まり、しだいに番組からの……

『やめるときも、すこやかなるときも』ヒロイン・奈緒の所属事務所が新人を募集(デビュー)

2020/01/20 21:52
 1月20日深夜(21日0:59)スタートのドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』(毎週月曜深夜:日本テレビほか)で、ヒロイン・本橋桜子を演じる奈緒所属の「アービング」が新人を募集中だ。
【写真】FBSの番組で福岡愛を溢れさせた奈緒。
 『やめるときも、すこやかなるときも』は、窪美澄の同名小説が原作。トラウマを抱えた男女が、相手を思う純粋な気持ちではなく“自分のため”に恋愛を始める。自分と相手を受け止めたとき、2人の恋愛はどこに向かうのか!? 好きだけでは前に進めない至極のラブストーリーが展開する。出演は藤ヶ谷太輔、奈緒、五関晃一A.B.C-Z)ほか。
 今回、奈緒が所属する「アービング」が、芸能プロ123社の新人募集情報を一挙掲載する大特集『冬の特別オーディション2020』の中で新人を募集中。同特集はデビューが、新人発掘に積極的な芸能プロダクションをセレクトし、審査・合格後の際の費用は一切不要。さらにこの募集を通じて合格・所属となった場合は、デビューが活動を応援していく。
 『冬の特別オーディション2020』はオーディション情報サイト「デビュー/Deview」でエントリー受付中。

河合郁人「堂本光一くんとか先輩方はすごい」 「ラブスト-リ-のお芝居はすごく恥ずかしい」

2020/01/20 16:55
河合郁人「堂本光一くんとか先輩方はすごい」 「ラブスト-リ-のお芝居はすごく恥ずかしい」 | Daily News  Billboard JAPAN

河合郁人「堂本光一くんとか先輩方はすごい」 「ラブストーリーのお芝居はすごく恥ずかしい」(エンタメOVO)

2020/01/20 16:16
 ミュージカル「天国の本屋」の初日公開稽古&囲み取材が17日、東京都内で行われ、出演者の河合郁人(A.B.C-Z)、井上小百合(乃木坂46)、ブラザートムが登場した。
 本作は“天国の本屋店長代理”として一時的に天国に連れて来られてしまった大学生のさとし(河合)と、そこで出会った不思議な魅力のある少女ユイ(井上)の物語。
 河合は本作について「今までのA.B.C-Zの(舞台の)ときは、ほとんど歌っていなかったんだなって思うぐらいに、人生で一番歌っています。ミュージカルって怖いんだなって寝られない日が何日も続いて、堂本光一くんとか、先輩方が一人で演じて歌っているのってすごいんだなって思いました」と話した。
 一方、井上は「今回の現場は初めての方が多くて、人見知りで苦労したんですけど、クリスマスとか、年末とか、誕生日とか、いろんなイベントを通して、みんなで一丸となって作ってきたなという感じがするので(上演が)楽しみです」と語った。
 「ラブストーリーに挑戦した経験がほとんどない」という河合は、井上の手を握ったり、2人で会話をするシーンについて「すこくぎこちないと思います。女性としゃべったりするお芝居が恥ずかしくて…。どちらも人見知りなので、話すタイミングがなかったんですけど、役的にもうまくいかない2人が続くので、普段の2人がそのままお芝居につ……