ダ・ヴィンチ 2020年2月号 目次|阿呆浪士 間もなく開幕 ラサール石井 キャストが面…|塚田僚一を 財布 にした最悪後輩ジャニーズ

『ダ・ヴィンチ』2020年2月号【目次】

2020/01/06 13:51
BOOK OF THE YEAR 2019
★表紙:モーニング娘。’20
●特集1
ハロプロが女の人生を救うのだ!
◎[グラビア・インタビュー]
道重さゆみ
譜久村 聖、生田衣梨奈、石田亜佑美、佐藤優樹、小田さくら、
牧野真莉愛(モーニング娘。’20)、アンジュルム、Juice=Juice、BEYOOOOONDS
◎[座談会]ハロプロメンバーが語る「私を救ってくれた本/マンガ」
◎[対談]児玉雨子(作詞家)×松浦理英子(作家)
◎だから私はハロプロが好き
[寄稿・インタビュー]朝井リョウ、犬山紙子、上坂すみれ、うすた京介、大森靖子、菊池亜希子、野中モモ、柚木麻子
◎[描き下ろしマンガ]金田一蓮十郎、菜々子
●特集2
作家生活15周年・アートの伝道師
原田マハと覗く美術館の舞台裏
◎ロングインタビュー 原田マハ×アート
◎マハさんおすすめ! この美術館のこの一点
◎[対談]原田マハ×林 寿美(インディペンデント・キュレーター)
◎キュレーターの仕事って?
◎CONTACT展レポート
◎書き下ろしエッセイ
「私とアートとダ・ヴィンチと。」
◎プロに聞くアートの魅力&美術館ガイド
●特集3
2020年1月TVアニメ放送開……

『阿呆浪士』間もなく開幕。ラサール石井「キャストが面白い!」

2020/01/06 12:30
作・鈴木聡×演出・ラサール石井×主演・戸塚祥太A.B.C-Z)の舞台『阿呆浪士』が1月8日(水)に開幕する。稽古場にてラサール石井に話を聞いた。
【チケット情報はこちら】
稽古が始まって「キャストが面白い。みんなうまいんですよ。若いメンバーも魅力がある人ばかりだし、重鎮たちもがんばっている。みんなの要素がうまく絡み合っていると思います」と手応えを語るラサール。主演は、A.B.C-Zのメンバーで、舞台『BACKBEAT』での好演も印象的だった戸塚祥太。さらに、舞台での活躍が目覚ましいふぉ~ゆ~の福田悠太、南沢奈央、乃木坂46の伊藤純奈ら若手と、浪曲師の玉川奈々福、竹内都子、小倉久寛らベテラン勢が顔を揃える。「戸塚くんがすごくがんばっています。馬鹿で弾けた人間を真面目に演じていて、観ていて面白い。戸塚くんはこういう芝居をやってこなかったそうですが、意外だと感じました。新しい姿が見られると思いますよ」
本作は、脚本の鈴木が主宰を務める劇団「ラッパ屋」の公演として1994年に青山円形劇場で初演、1998年にはTHEATER/TOPSという小劇場で再演されたが、今回は新国立劇場中劇場と劇場サイズは大きくなり、さらにパルコ・プロデュース作品でもある。作品にどんな変化をもたらしたか。「小さい劇場でやる作品として書かれた脚本なので、劇場が広くなるとテンポが悪……

塚田僚一を「財布」にした最悪後輩ジャニーズ

2020/01/05 16:54
 1月3日放送の特別番組『嵐ツボ』(フジテレビ系)にA.B.C-Z塚田僚一が出演した。毎年、バク転でギネス記録を更新するという企画にだけ出演していた塚田。だが、今年は嵐・大野智とのサシ飲みドッキリ企画に登場し、放送中から話題に。さらに、その中で塚田が明かしたある事実に注目が集まっている。
 この企画は、普段“いい人”と言われている塚田の本性を大野が暴くというもの。塚田に対して「いい奴と言われているが、本当は悪い奴だと思う」と推測する大野は、サシ飲み時にさまざまなドッキリを用意し、本性を暴こうと必死。だが、企画が進むにつれて大野がガチ酔いし、塚田の本性よりも大野の本音が暴かれるという結果となった。
「いい奴」と言われている塚田は、結局“いい人”扱いのまま企画は終了。本当にいい人であることが証明されたのだが、ある発言にファンは驚きを隠せなかったようだ。
「大野さんに促されて、塚田さんは後輩に奢らされて貯金がなくなって家賃が払えず母親にお金を借りたというエピソードを告白。すると、大野さんからガチ説教を受け、スタジオの他のメンバーからも『奢りすぎなんだよ!』という声が上がっていました。
ネットでも、塚田さんに対して『奢るのやめたほうがいい』という声が殺到しており、驚きを隠せなかったようです」(記者)
 塚田の奢り癖は以前からたびたび明かさ……