A.B.C-Z 戸塚祥太 粋のある“なんちゃって赤穂…|戸塚祥太(A.B.C-Z)らが討ち入りの扮装を粋でポ…|戸塚祥太がねじりはちまき 阿呆浪士 ビジュアル解禁|他

A.B.C-Z 戸塚祥太 粋のある“なんちゃって赤穂浪士”に、舞台『阿呆浪士』メインビジュアル解禁

2019/11/15 20:33
本作は、喜劇作家・鈴木聡の代表作であり、『赤穂浪士』の物語をベースに大胆に翻案したエンターテイメント時代劇だ。この度の上演では、演出にラサール石井、主演に戸塚祥太A.B.C-Z)を迎え、本作のもつ“青春物語”の側面をフィーチャーしてお届けする。武士道でもなく意地でもないけれど、友達のためのみならず、他人様のために命をも掛けて闘う“馬鹿な”男たちの生き様を描く。
今回解禁されるビジュアルは、浮世絵風のデザインをバックに戸塚祥太演じる魚屋・八、福田悠太演じる赤穂浪士・田中貞四郎、小倉久寛演じる大石内蔵助が討ち入りの扮装をしている粋でポップな姿が象徴的。八の扮装は、ねじり鉢巻きをした魚屋の普段着の上に討ち入り用の陣羽織という“なんちゃって赤穂浪士”の、粋ながらユーモアのある姿となっている。
■舞台『阿呆浪士』
出演者:戸塚祥太A.B.C-Z)/福田悠太(ふぉ~ゆ~)/南沢奈央 伊藤純奈(乃木坂46) 宮崎秋人 堺小春 八幡みゆき 新良エツ子/佐藤誓 おかやまはじめ 松村武/おおたけこういち 西海健二郎 堀田勝 MAEDA 辻大樹 安川里奈 木下桜 立川ユカ子/玉川奈々福/竹内都子/小倉久寛  ※1/12(日)、大阪公演については、玉川奈々福に代わり真山隼人(浪曲)・真山隼人(曲師)が代演。
【東京公演】2020年1月8日(水)~24日(金)……

戸塚祥太(A.B.C-Z)らが討ち入りの扮装を粋でポップに表現 舞台『阿呆浪士』メインビジュアルが解禁

2019/11/15 19:08
<あらすじ>
時は元禄。とある⾧屋に住む魚屋の八(はち)は、ある日ひょんな取り違いから赤穂浪士の血判状を手にしてしまう。お調子者の八は、⾧屋小町のお直の気を引きたい一心で、自分が本物の赤穂浪士だ、と嘘をついてしまう。
一方、大石内蔵助は、風車売りに身をやつし、飄々と暮らしている。大石内蔵助の娘・すずは、いつまでも討ち入りを決行しない父に業を煮やして赤穂から江戸に乗りこんで来る。すずは、お調子者の八を利用し、集まってきたニセモノの赤穂浪士たちと討ち入りを決行しようとするが……。
赤穂浪士は赤穂の殿様に忠臣したが、阿呆浪士は阿呆の神様に忠臣する。
武士道でもない、意地でもない。ノリよく、楽しく、正直に、あっぱれ散った、花の元禄。
乞御期待、『阿呆浪士』。

戸塚祥太がねじりはちまき「阿呆浪士」ビジュアル解禁

2019/11/15 19:00
戸塚祥太A.B.C-Z)が主演を務める「阿呆浪士(あほうろうし)」のメインビジュアルが公開された。
浮世絵をイメージしたメインビジュアルには、ねじりはちまきをした戸塚扮する魚屋の八、福田悠太(ふぉ~ゆ~)扮する赤穂浪士・田中貞四郎、小倉久寛扮する大石内蔵助の姿が収められた。
「阿呆浪士」はラッパ屋・鈴木聡の戯曲で、赤穂浪士の物語をベースにしたエンタテインメント時代劇。ラサール石井が演出を手がける今回の上演版には、3人のほか、南沢奈央、伊藤純奈(乃木坂46)、宮崎秋人、堺小春、八幡みゆき、新良エツ子らが出演する。公演は2020年1月8日から24日まで東京・新国立劇場 中劇場、31日から2月2日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて。

A.B.C-Z戸塚祥太・ふぉ~ゆ~福田悠太ら、舞台「阿呆浪士」ビジュアル解禁

2019/11/15 19:00
今作は、喜劇作家・鈴木聡氏の代表作であり、『赤穂浪士』の物語をベースに大胆に翻案したエンターテイメント時代劇。演出はラサール石井が担当し、今作のもつ“青春物語”の側面をフィーチャー。武士道でもなく意地でもないけれど、友達のためのみならず、他人様のために命をも掛けて闘う“馬鹿な”男たちの生き様を描く。
今回解禁されたビジュアルは、浮世絵風のデザインをバックに戸塚演じる魚屋・八、ふぉ~ゆ~の福田悠太演じる赤穂浪士・田中貞四郎、小倉久寛演じる大石内蔵助が討ち入りの扮装をしている粋でポップな姿が象徴的。八の扮装は、ねじり鉢巻きをした魚屋の普段着の上に討ち入り用の陣羽織という“なんちゃって赤穂浪士”の、粋ながらユーモアのある姿となっている。
舞台「阿呆浪士」は、2020年1月8日~24日に東京・新国立劇場中劇場にて、2020年1月31日~2月2日に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。
あらすじ時は元禄。とある長屋に住む魚屋の八(はち)は、ある日ひょんな取り違いから赤穂浪士の血判状を手にしてしまう。お調子者の八は、長屋小町のお直の気を引きたい一心で、自分が本物の赤穂浪士だ、と嘘をついてしまう。
一方、大石内蔵助は、風車売りに身をやつし、飄々と暮らしている。大石内蔵助の娘・すずは、いつまでも討ち入りを決行しない父に業を煮やして赤穂から江戸に乗りこ……