TOKIO・松岡昌宏 止まらないのよ! とA.B.…|A.B.C-Z いつも以上にやってみせます(橋本良亮…|昆虫を男性として見ている女性タレント オニヤンマの交…|他

TOKIO・松岡昌宏、「止まらないのよ!」とA.B.C-Z戸塚祥太の酒席での“暴走”明かす

2019/10/08 15:09
とっつーとマボ、かなり話が合いそう TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)。10月6日の放送では、ジャニーズ事務所の後輩について、“戸惑い”を口にする場面があった。
 16日からスタートする主演ドラマ『死役所』(テレビ東京系)の宣伝で、これから同局のバラエティ番組にゲスト出演する予定だという松岡。先日も、親友のV6・井ノ原快彦が司会を務める『出没!アド街ック天国』や、松岡の後輩であるA.B.C-Zの冠番組『ABChanZoo』(同)の収録を行ったと明かす。
 A.B.C-Zについて、松岡は「河合(郁人)とかはよくね、メシ食ったりもするし、よく知ってるし。で、塚ちゃん(塚田僚一)も現場とかで会ったら、『あ、塚ちゃん!』みたいな」「橋本(良亮)もね、会うとちょっといろいろしゃべったり。ま、うちの番組来たりとかしてましたから、知ってるし」と、まずは交流のあるメンバーの名前を挙げる。
 五関晃一については「一番古いんですよ」といい、実はA.B.C-Zメンバーの中で一番最初に松岡と交流があったそう。というのも、1997~98年に放送されたバラエティ番組『ねばぎば!TOKIO』(フジテレビ系)にて、ジャニーズJr.で“小トキオ”というユニットを組んでおり、そのメンバーの一人が五関だったという。「20年近……

A.B.C-Z「いつも以上にやってみせます(橋本良亮)」5回目の上演となる舞台「ジャニーズ伝説」への思いを語る

2019/10/08 10:30
映画や舞台、ドラマなど幅広く活躍するA.B.C-Z。表紙&カラーグラビアページで撮りおろしました。撮影現場では、リラックスモードで一息ついた顔、やさしい目の笑顔、目力のあるキメ顔などさまざまな表情を見せてくれました。
「いつも以上にやってみせます」(橋本良亮さん)。
インタビューでは、5回目の上演となる舞台「ジャニーズ伝説」への思い入れをメンバーが語っています。さらには、舞台前の集中法についてたずねると、「ハッシー(橋本さん)と一緒にテンションを上げられるだろうという曲を流します」(戸塚祥太さん)、「温かいシャワーを浴びながら、声を出すことでスイッチが入る」(河合郁人さん)など、個性あふれる回答も。メンバーの仲の良さが伝わるインタビューです。
ほか、注目コンテンツは
独占入手!官僚が(秘)作成・ポスト安倍筆頭茂木外相“超”忖度トリセツ
令和決定版 激戦する大学格付け 早慶が逆転!MARCHは?偏差値より留学重視
東京五輪 男子マラソン中村匠吾「28年ぶりのメダルへ」
週刊朝日 2019年 10/18 号【表紙: A.B.C-Z
発売日:2019年10月8日
定価:410円(税込み)

昆虫を男性として見ている女性タレント、オニヤンマの交尾を再現!?『アウト×デラックス』

2019/10/08 05:00
タレントの荒川真衣と才川コージが、10月10日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)にゲスト出演する。
同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。この日はアウト軍団として、大鶴義丹、小原ブラス、戦慄かなの、塚田僚一A.B.C-Z)、中村俊介、ミラクルひかる、横川尚隆も出演する。
まずは、昆虫を男性として見ている荒川が登場。2015年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でファイナリストにも選ばれた彼女だが、昆虫を男性として見てしまうという。特にオニヤンマをこよなく愛しており、その魅力をスタジオで熱く語る。そして、オニヤンマの交尾の体位を荒川と山里が実際にスタジオで行うというアウトな状況になってしまう。そんな昆虫好きの荒川の私生活をスタッフが撮影。たくさんのコオロギを飼うことからはじまり、アウトな暮らしぶりが次々と明らかに。アウト軍団の中村も昆虫好きだといい、意気投合したように見えたが……?
次に登場する才川は『アウト×デラックス』に出て言いたいことがあるがために、事務所を移籍したという。その内容とは「塚田僚一に人生を狂わされたこと」だという。アクロバットを売りに芸能界で活躍しようと決心した……

【会見レポート】「ジャニーズ伝説」開幕にA.B.C-Z橋本良亮が万感の思い

2019/10/08 04:00
本作には7月に死去したジャニー喜多川が作・構成・演出にクレジットされ、滝沢秀明がサポートを務めるほか、KinKi Kidsの堂本剛が楽曲を提供。河合は「滝沢くんが細かく舞台稽古を見てくれて。さすが“ジャニーズイズム”を受け継いでいるなと」と滝沢に信頼を寄せる。さらに河合は、堂本自ら仮歌も務めたという書き下ろし曲「You...」を歌った際、「僕のモノマネぐせが出たのか、剛くんに『俺に寄せなくていいよ!』と言われて恥ずかしかった」と裏話を明かし、記者たちを笑わせた。