いだてん 特番“チコちゃん枠”に編成!朝ドラ直後の高視聴率枠 第2部スタートへの関心呼ぶ

「いだてん」特番“チコちゃん枠”に編成!朝ドラ直後の高視聴率枠 第2部スタートへの関心呼ぶ

2019/06/28 07:01
 俳優の阿部サダヲ(49)が主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の第2部(後半)は30日スタート。前日29日には応援特番「メダルがばがば大作戦」(前8・15~9・00)が放送される。土曜日午前8時15分からは通常、人気番組「チコちゃんに叱られる!」(金曜後7・57)が再放送され、15%前後の高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークしている。第1部(前半)は視聴率で苦しんだ「いだてん」だが、特番を“チコちゃん枠”に編成し、第2部スタートへの関心を集める。
 大河ドラマ58作目。2013年前期の連続テレビ小説「あまちゃん」で社会現象を巻き起こした脚本家の宮藤官九郎氏(48)が大河脚本に初挑戦し、オリジナル作品を手掛ける。20年の東京五輪を控え、テーマは「“東京”と“オリンピック”」。日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から64年の東京五輪まで、日本の激動の半世紀を描く。阿部は水泳の前畑秀子らを見いだした名伯楽で64年の東京大会招致の立役者となった新聞記者・田畑政治(まさじ)を演じる。
 歌舞伎役者の中村勘九郎(37)が「日本のマラソンの父」と称される金栗四三を演じた第1部(第1回~第24回)は、宮藤氏らしい伏線を張ったストーリー展開やキャストの熱演に好評の声も少なくない。SNS……